自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ギザッロの木リム、乗り心地の良いホイール | main | カンパレコードハブ球当たり調整・ガタを取る方法 >>
2代目自作手組ホイールのインプレ



 2代目自作手組ホイールは2月中に完成してたのですが、マスターXライト納車と時期が重なった関係でインプレが遅れました(;´∀`)

NEWバイクの事を知らないとフレームのおかげか、ホイールのおかげかインプレが曖昧になるので、先にフレームの感触を確かめ、一通りデータも取ったので、満を持して手組ホイールのインプレを行いました。

 スペックは前後共にオープンプロ、カンパレコードハブで、前輪はサピムCX-RAYの6本組、後輪はDTスイスコンペティションでフリー側4本、反フリー側6本のヨンロク組(前後共に32H)実測でフロントが724g、後輪が941gの計1665gです。

前輪のテンションが約95kgf、後輪のフリー側が約110kgf、反フリー側が約75kgf、もう少しテンションを上げれますが、スポーク本数が多いので特に問題ありません、試験的に初代よりテンション低めで作ってみました。

詳しいスペックは「2代目手組ホイール完成、ヨンロク組みの効果は?」を参照、PAXホイールの仕様→「PAXサイクルオリジナルホイール購入インプレ

由加山 標高274m 距離4.4キロ

【PAXホイール 2月19日】
走行時間 17分31秒
平均速度 15.1キロ 平均ケイデンス 62回転

【マビックR-SYS 2月26日】
走行時間 16分59秒
平均速度 15.5キロ 平均ケイデンス 63回転

【2代目自作手組 3月9日】
走行時間 17分28秒
平均速度 15.1キロ 平均ケイデンス 62回転

※初代手組はPAXホイールより約30秒、R-SYSより約1分タイムが遅かった。
※他のパーツ・服装・携帯品は全て同じ。

 ヒルクライムは自作手組の方がPAXホイールより若干早いですね、中間地点では約10秒早かったのですが、途中から「このまま行ったらやばくね?勝っちゃうよ…」と思いながら漕いだせいか、最終的には数秒差に落ち着きました。

PAXホイールはミシュランPRO4(200g)にパナレーサースタンダートチューブ(85g)を使用、2代目手組はコンチネンタルGP4000S(205g)にSOYOのチューブ(67g)を使用、「285g-272g=13g」なので、2代目手組の方が13g軽くなります。

13g+リム重量の差を加味すると35g以上差があります、「軽量リムのホイールが良い、貧脚ヒルクライマーなら」にも書きましたが、ホイール外周部の軽量化は効果が大きいので、これが原因かな〜と思われます。

他には測定誤差、カンパレコードハブの回りが良い、ヨンロク組みの左右バランス是正効果、3月になり暖かくなって来たので足が良く回った等が考えられます。

ただヨンロク組みの名付け親、のむ氏自身がホイールは剛性・空力・重量が三大要素で、バランスはこれに比べれば効果は薄いと言ってます、なので測定誤差・外周部重量・レコードハブ・気温上昇が怪しいですね(自宅から山まで直行してるので、ウォーミングアップの距離は全て同じ)

2代目手組ホイール 前輪

【ダウンヒル】
 コーナリングに関してはあまり差を感じませんが、直線の下りなら明らかにPAXホイールの方が安定してます。

2代目手組は縦・横の振れ取り、センター出しを丁寧にやったつもりでしたが、プロが組んだ手組ホイールと比べると完成度が違いますね…ぐぬぬ

【平地】
 平地もPAXホイールが良いですね、リムハイトとスポーク数の絡みでしょうか、巡航速度の維持能力に差があります。

【衝撃吸収性】
 構造が根本的に違うR-SYSは別格として、引っ掛け式スポークの手組同士なら大差ない気がしますが、2代目手組の方が疲れやすい感じがします。

衝撃吸収性と言うか縦振れの絡みかもしれません、乗ってて周期的に衝撃があるほど振れてはいなませんが、距離が伸びた時微妙な縦振れが効いてくるのかもしれません。

2代目手組ホイール 後輪

【まとめ】
 パーツ自体が良くなってるので当然と言えば当然ですが、初代手組ホイールより確実に良い物が作れました、当時より知識が増えたので、初代での問題点を改善出来たのも大きいですね。

それと初代の時は組み方を間違い何度もやり直したので、スポークにダメージが行ってたのかもしれません、そう考えると慣れの部分も大きいと思います。

 当然ですがマビックR-SYSには適うはずありませんし、プロが組んだPAXホイールにも完成度は及びませんが、自分的には満足出来る仕上がりになりました。

振れ取り・センター出しをキッチリ行えばネガティブな部分も減りますし、自分で組んだホイール補正もあるので、走る分には2代目手組の方が楽しいです(´∀`)

「決戦用=ロングライド」はR-SYSで決まりなのですが、「練習用=普段用」は性能の良いPAXホイールor自作補正の掛かった2代目手組、どちらを使うか悩む所です(´ε`;)ウーン…

【追記分】
ダウンヒルで安定性が悪かった原因解消→「カンパレコードハブ球当たり調整・ガタを取る方法



|自転車ホイール|15:03|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
2代目は中々の出来栄えだったようですね♪
PAXよりタイム的に良かったという事は上出来なのではないでしょうか?

そして3代目はいよいよGOKISO投入ですね!!
楽しみにしております(笑)
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

初代よりはかなり良くなった感があります(´∀`)タイム的に速いのは何ででしょうね…インプレのデータ取りでちょいちょい登りに行くので脚力が上がったのかもしれませんw

ゴキソは金満イヨッキュ財閥の援助資金がないと厳しいですねww
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1218
トラックバック