自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< サピムCX-スーパー、軽量かつ強度アップ | main | 2代目自作手組ホイールのインプレ >>
ギザッロの木リム、乗り心地の良いホイール



 「ヌーボカステ工房のひどいブログ」で、ウッドディスクのインプレ記事が書かれていたのですが、木なので乗り心地が良いそうです。

木製ロードバイクと言うとサノマジックが有名ですが、200万円と言う仰天価格なので、庶民の私にはとても手が出せません(;^ω^)

また木のフレームを製作してもらってる方いわく、サノマジックは意図的に顧客を増やさないようにしてるそうで、新規に予約する事自体難しいそうです。

他の自転車店でもそうですが、生活を支えてくれる程度稼ぎがあれば良い、自転車で金儲けと言うよりは、好きな事をやって暮せればそれで良いみたいな人いますよね、従業員数が少ないプロショップは特に。

 上記の理由により木製フレームは現実的ではありません、しかし「【インプレR-SYS編】マスターXライト30th」にもあるように、同じフレームでもホイールを交換すればかなり印象が変わります。

そこで木のホイールを検討、サノマジック、アマンダ等で販売されてますが高価 (´ヘ`;)ウーム…と思っていたら、上記の方にギザロと言うメーカーを教えていただきました。

他メーカーから安価な木製リムも販売されてますが、テンションを上げ過ぎると割れたりするそうですし、耐久性に不安が残ります(-_-;)

走行中にバキッと行ったらシャレになりませんし、多少値が張っても良い物を購入した方が無難でしょう(木製リムの中ではギザロは高級)

ギザッロ STRADA 36000円

 クリンチャーはなくチューブラ専用で、ホール数は32・36H、専用ニップル付属で価格は1本36000円(つまり前後で72000円)ブレーキシューはアルミリム用で問題ないそうですが、カーボン用だと制動力が低下するそうです。

リムハイトは不明ですが写真を見た感じロープロに見えます、リム重量は450g前後らしいので、アルミリムと大差ありません。

 組むのが難しいそうで、それなりの腕がないと厳しいようです、無難に行くならプロショップですが、手組メインの店&木リムを在庫してる店は近場にはありません。

お願いするならPAXサイクルですが、何でも置いてるあの店でもギザロのリムは在庫してないと思います(;´∀`)自分で購入して店へ直接持ち込み・郵送で持ち込み・店側で用意してもらう等が考えられます

 木製リムは衝撃吸収性が高く、ロングライドでの疲れ具合が全然違うそうです、ブルべで木製リムを使う人の写真も見た事がありますし。

ただチューブラ自体、クリンチャーに比べると乗り心地が良く、走りが良いとされています(パンク修理・コスト等を考えクリンチャーを選択する人が多いですが、走行性能はチューブラが上なので、レースのみチューブラと言う人もいます)

私はクリンチャーしか使った事がないので、ギザッロの木製リムでチューブラデビューをすると、乗り心地が良くなったのが木製リムのおかげか、チューブラのおかげか分からなくなります。

なのでギザロの木リムを購入する前に、普通のアルミチューブラを試す必要がありますが、パンクを考えるとなかなか手を出せないでいます(;´∀`)

 リムだけで前後72000円なので、ハブ・スポーク代も合わせると10万コースなので、そう考えると悩む所ではあります。

私の場合はレースに出ないので「決戦用ホイール=ロングライド用」になので、ロングでの疲労が全然違うと言われると木製リムを試したくなります、それに木とか面白そうですし(笑)




|自転車ホイール|21:27|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
こんばんは^^
いいなぁ… こんなん大好きですww
ぜひ人柱ヨロシクです(笑)
| ramu3003|
ramu3003さんへ

性能うんぬんは置いといて木を使う人もいますね、日本人は木が好きですから(´∀`)特に昔の木造建築に住んでた中高年クラスタは
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1217
トラックバック