自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< マスターXライト30thANNIVERSARYのインプレ、R-SYS編 | main | 2013年上半期の走行記録 >>
アルミステムは剛性不足?カーボンステムが良い



 ハンドルと自転車をつなぐパーツをステムと言いますが、私自身ステムはポジション調整の為に長さを変える位で、改造による効果は把握しずらいと思ってました。

しかし自転車店の方がアルミステムは剛性不足モデルが多く、重くて乗り心地が悪いと言ってました(剛性が高いモデルは乗り心地が悪く重い、軽いモデルは乗り心地が悪く剛性不足)

軽さだけを追求した超軽量カーボンステムは剛性不足のようですが、普通のカーボンステムは剛性がアルミステム以上あり、まあまあ軽く、乗り心地が良いそうです。

ステム交換による効果実感なし
 今までカーボンステムの使用歴はなく、アルミステムの使用歴はピナレロFP1純正のMost→3Tアークスプロ(実測143g)→シマノPROLT(実測131g)となってます。

過去の記事を探しましたがステム交換の理由はポジション調整で、3Tアークスプロに交換した時はポジション調整による変化は書いてますが、剛性・乗り心地に関しての記述はありません(特に実感はなかった気もする...)

その時の記事→「3Tのステムに交換&ステム交換の方法

 3TアークスプロからシマノPROLTに交換した時は、同時にハンドルもピナレロ純正MostからVIBE7Sに交換した為、効果の把握がしずらくなっています(゚∀゚ ;)タラー

この時は剛性が劇的に向上したのを覚えています、登り坂でハンドルを手前に引いた時、ダンシングの時カッチリ感が高くなった記憶があります

その時の記事→「【インプレ】シマノPROハンドル・ステム・シートポスト

ステムもピンキリ
 安いアルミステムなら2〜3000円からありますし、高価な物になるとアルミステムでも3〜4万する物があります。

カーボンステムも安い物なら1万円切るモデルがありますし、高価な物になると4〜5万円するモデルもあります。

重量に関しては五十歩百歩で数十グラムの差です、高価な物=軽いと言うわけではなく、高価なカーボンモデルでもそれなりの重量があったり、逆に安くて軽いアルミステムがあったりします。

見た目を取るか、性能を取るか
 マスターXライトにはルーベから流用した、アルミのシマノPROLTが付いてますが、黒色なので個人的には違和感はないと感じます。

クロモリフレームにはクロモリのシルバーパーツを合わせた方がカッコ良いとされてます、ただステムだけクロモリにしてもイマイチでしょうから、どうせ交換するならハンドルもクロモリにする必要があります。

この場合見た目は良くなるでしょうが、重量が重くなる&剛性的にどうなのかっと言うのが懸念材料です(;´∀`)ちなみに金属スペーサーは良くて、カーボンスペーサーはダメらしいです←性能的な意味で

 それとカーボンステムに交換して、本当に効果が実感出来るのか?と言う気もします、ハンドル交換で変わったと言う話は聞きますが、ステム単独でのインプレはあまり聞きません。

仮にクロモリパーツに交換するにしても、カーボンパーツに交換するにしても、よく分からないんですよね…

パーツメーカーとか多少は知ってますが、フレーム・ホイールみたいに名称・素材・価格等は頭に入っていません、パーツに関して調べる必要がありそうです。



|インプレ・パーツ改造|13:11|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
わたくしは決戦機に於いて唯一カーボンパーツでないのがステムなんですが、コレは単に色合いの問題で3Tは上位モデルのカーボンステムは白になるんですよね・・・

ただわたくしの場合、ヒルクライムの際はハンドルをしゃくる癖があるので、ハンドルの力が1点に掛かるステムはカーボンだと少し抵抗があるのも事実です(・_・;)
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

3Tの赤ラインのステムはカッコ良いですよね、アレをステム・ハンドルで合わせた日には…

カーボンパーツに抵抗があると言うのは分かります、私の場合折れたカーボンハンドルをちょいちょい見るので、怖いからアルミを使ってると言うのはありますから。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1214
トラックバック