自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< マスターXライト30thANNIVERSARY納車 | main | アンカーフィッティングシステム検討 >>
マスターXライト30周年記念モデルのインプレ



 前に書いた通り「マスターXライト30thANNIVERSARYが納車」されたのでインプレを行います、ちなみに前に乗ってたのはスペシャライズドルーベSL3です(約1万9000キロ走行)

【マスターXライト30周年記念モデルのスペック】
・コンポ アルテグラ(ブレーキ7800、BB9000)
・ハンドル シマノPRO VIBE7S
・シートポスト シマノPRO VIBE7S
・ステム シマノPRO LT
・サドル スぺシャライズド TOUPEエキスパート
・ペダル スピードプレイゼロ
・ホイール PAXオリジナル
・タイヤ ミシュランPRO4

※ボトル・サイコン・サドルバック・携帯ポンプ等なしの状態で約8.5キロ(ペダル込み)

 ホイールは他にマビックR-SYS、自作手組ホイールがありますが、普段メインで使用するのはPAXホイールなので、今回はコレでインプレ(PAXホイールの仕様→PAXサイクルオリジナルホイール購入インプレ)

由加山 標高274m 距離4.4キロ

【ルーベSL3 1月4日】
走行時間 16分57秒
平均速度 15.5キロ 平均ケイデンス 63回転

【マスターXライト】
走行時間 17分31秒
平均速度 15.1キロ 平均ケイデンス 62回転

 ヒルクライムは予想通り重いです、重量約1.1キロ増加が確実に効いてます(;^ω^)走行時はかなり重い&ケイデンスが上がらない感じがしました

剛性的にはカッチリしてます、登りでハンドルを手前に引いた時・ダンシング時は特に顕著です、ヘッド周りの剛性が高いと言う事かもしれません(ヘッド周りの剛性の定義がうろ覚えなので何ともですが...)

タイム的には思ったより開きが出ませんでした(1分以上差が出ると思ってた)、重量は重いけど剛性が高いから多少マシなのか、次期愛車を少しでも高く評価したいが為に必死で漕いだかですねw

【ダウンヒル】
 直線の下りはマスターXライトの方が確実に速いです、脚を止めていても速度が出るので駆動系ではなく、重量が重い・前傾がきつくなった&パイプ径が細いので空気抵抗が小さい等が主要因と思われます。

コーナリング・安定感はあまり変わらない感じですが微妙に異なります、まだ慣れてないのでコーナーを攻めれませんでした(;・∀・)後で追記します

ブレーキングもあまり変わらないような…デュラエース7800の制動力にフロントフォークが負けないか心配でしたが、急制動時の挙動は特に問題ありません。

【平地】
 漕ぎ出しは重いです、コレはヒルクライムと同じで重量的なモノでしょうね…しかし巡航速度に入ると重さは感じません(最初の数漕ぎは重いですが、そこからはスーっと伸びる感じ)

平地はルーベSL3より1〜2キロ速かったです、往復コースなので風向きはあまり関係ないとすると…剛性の差・BB9000・組み付け時にパーツをリフレッシュしてくれている・嬉しくてついついスピードアップしてしまった・前傾がきつくなった&パイプ径が細いので空気抵抗が小さい等が考えられます。

【衝撃吸収性】
 衝撃吸収性の良し悪しは疎いですが、乗り心地は間違いなく悪いです(ルーベSL3はココに重点を置いてるモデルだったので尚更差を感じるのかも)

マスターXライトはレーシーで硬いモデルなので「乗り心地が良い・柔らかい・疲れにくい」等の一般的なクロモリイメージは通用しないですね。

 自転車ではどの素材でもサイズが小さくなると剛性が上がりカッチリ(レース用にわざと1〜2サイズ落として乗る人もいるくらい)大きくなるとこの逆になります

私のマスターXはサイズ550ですが、それでもカッチリしてますし、衝撃吸収性はイマイチと言う感じです、背の低い方はサイズが小さくなるので要注意ですね(レース用なら逆に良いが、ロング用なら微妙)

 前に「フルカーボンからコルナゴマスターXライトに乗り換えたらどうなるか?」で書いた予想に近いインプレになりました、ロングライドはまだ行ってませんが厳しいでしょうね…

ただ思った以上に走りますね、ルーベSL3は当時ターマックSL3と並ぶスペシャのトップモデルでしたから、もっと開きがあると思ってました(とは言ってもルーベはヘタリもあるでしょうから、新品同士で比較したら差は開くでしょうが)

Fフォークがデュラブレーキの制動力に耐えれない、下りのコーナーでアンダーが出る・安定性が悪い等のネガもないですし(´∀`)

しばらく乗れば見えてくる部分もあるでしょうし、マヴィックR-SYSを装着すればまた違って来ます、今回はファーストインプレなので、気付いた点があれば後日追記します( ´∀`)b

【追記分】
 R-SYS装着時のインプレ→「【インプレR-SYS編】マスターXライト30thANNIVERSARY



|My自転車|14:44|comments(7)|trackbacks(0)|
コメント
インプレに『次期愛機を高く評価したい』とか『嬉しさのあまり』というエッセンスが加わるのは中々斬新な評価ですが(笑)

やはりそこはマスターX!
元々レーシーなフレームですから流石ですね♪

上りに関してはわたくしもザックリと7kg・8kg・9kgと1kg刻みの車体で乗り比べていますので解りますが、やはり1kgの車体重量差というのは結構差が出るもんなんですよね・・・
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

あら(゚∀゚ ;)そうですか? 新しいホイールを購入して嬉しさのあまり、ついつい漕ぎ過ぎたと言う知り合いはチラホラいますがw

やはり自転車本体の1キロ増は効きますね、1.1キロ以上と言うのは少なく見積もっての話なので…実際1.5キロ位増えてるかもしれませんし(;´∀`)
| kazu|
わかりやすいインプレお疲れさまです。
平地と下りが早いレーシーなクロモリってことですね。
文中にある、「嬉しくてついついスピードアップしてしまった」と言う言葉が少々気になりましたが(笑)
| めばる君|
 初めまして。マスターを購入して二年半程経ちますが、そろそろパーツを剥いで冬眠させます。正直「所有欲」だけで購入
し、走りや振動吸収性など期待していなかったので来月から新しいカーボンで走ります。走るのならやはりカーボンですね。
 直進番長、乗り味無視のストレートフォーク、昔のレースフレームと言った感じではないでしょうか。小田川沿い、吉備路自転車道等は付き合い以外では絶対に走りたくないです(振動が激しいので殆どダンシング)ですが流石に「コルナゴアートフレーム」だけあって美しいです。よく写真に撮られます。
 走る程に傷が付き、錆が滲み、へたり、紫外線で色褪せ、フレーム内部に錆止め処理をしたり等、カーボンより気を遣うのでガンガン走れませんし本当に好きでなければ何年も乗れませんね。何年かして気が向いたら復活させて乗ろうと思います。
| マス夫|
めばる君さんへ

イヨッキュさんも言ってましたが、そう言ったファクターもあるかもしれない、と言う意味ですから(;´∀`)

厳密にコレのおかげでこうなった、とは言い切れないので、思い浮かんだ事を全部書きましたw


マス夫さんへ

所有欲でクロモリ買うのが普通なんでしょうね、クロモリ専門の雑誌でも走行性能を向上と言う感じではなく、どれだけドレスアップさせるかに主眼を置いてますし。

走るならカーボンですね、レースだろうが、ロングだろうが間違いなくカーボンが良いと思います。

オーバーホール中のマスターXを見た事がありますが、キズが多く、色褪せて、錆びて…と言う感じでした(;´∀`)私はその辺無頓着なので気にならないでしょうが
| kazu|
判りやすいインプレありがとうございます。
自分の買ったマスターのサイズは520なので、さらに乗った感じが硬くなるのかなと思っています。
やはり硬派なクロモリなんでしょうね。

自分は今ピナレロのパリに乗っていますが、ショップの店長曰く[パリに比べたら全然やわらかい感じ]と言われました・

タイヤを25Cにしたら幾分乗り味がマイルドになるのかなと思っています。
周りに25Cを履いている人がいないので、どうなのかな判りませんが一度ためしてみます。

またロングのインプレ楽しみにしています・
| ぬートリア|
ぬートリアさんへ

ピナレロのパリ乗ってるんですか(゚ω゚ノ)ノ それだったらマスターの方が乗り心地良いかもしれません

以前コルナゴC59、トレックマドン6.9に乗った事がありますが、マスターより硬かった記憶があります。

前が2万キロ近く走ったルーベですからね…ヘタると乗り心地が良くなると言われますし(;^ω^)新品同士だったらドッコイドッコイかもしれません
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1209
トラックバック