自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ナスカルブを1ヶ月以上使用、トリフローのインプレ | main | 常識を覆す新事実!クイックリリースは硬く締めるのが良い!? >>
自転車関連メモ15



 自分用のメモです、コメントはお控えください

1万キロでアルミ割れorヘタリ大。アルミ割れをカーボンで補修すると言う発想はなかった。確かになー何もしないで乗るよりは遥かに安心、設備費がいらないから個人レベルならカーボンが楽。溶接は設備費高い

 カンパのグレード展開は他の会社とはちょっと違う感じを受ける。ちょっと今の傾向はわからんけど、'07くらいまでのカンパはCentaurがひとつの「水平線」で、Centaur自体プロが使ったって問題ないくらいの「堅牢性」を持ってた。そこにより軽さとか求めていくとグレードが上がる感じ。

上のChorusとRecordが、まるでCentaurをベースにしているかのような感じ。Centaurをもちっと丁寧に切削してダイエットさせたのがChorusで、さらに各所をカーボンやチタン部品に置き換えたのがRecordみたいな。わかりやすかった。

カンパってグレード感で明らかに形とか規格が違うってあまりないよね。 あれの価格差って要は素材単価、工作精度の違い。だからCentaur以上はそういう視点で選べば良いというのが他社とは違うところ。

サピムCXスーパー。 SPD-SLの青クリートを試した感想「これ赤と変わらなくね?」 赤と黄色の中間ととらえると微妙。たしかにわずかに動くけれど

 カーボンフレーム壊す人は30代で体重6〜70キロの購入2年未満、走行距離5000キロ未満が4割。損傷はトップチューブとシートステーが多く折損が2割。CFRP製自転車の損傷に関する調査レポート。

 手組メインのショップ店長、スポークを1/8も捻らないようにするとか、1本を締めたらそれが全体に影響するイメージが出来てるとか、32ホールなら32本のスポークの状態が頭の中にイメージが出来るとかそういう事なんです。

コリマcn、レイノルズ、zipp950とディスクホイールを所有してきたが重量はそれぞれ1200g程度、外周が軽くてヒルクライム楽なのがコリマ、硬くて脚力のある人にも耐えられそうなのがzipp、耐久性が良いのがレイノルズ。シマノproディスクもロハセルっていう硬いハニカムが入ってる。

 最近の軽量ピラーに多い二本締めのもので、櫓が下側だけで上は下からのボルトと細い押さえだけのもの(3Tのやつとか)は強い力が加わると滑ってサドルが外れるようだ

先ほどのピラーの件、カーボンレールとかTuneみたいなレール一体型との相性がかなり悪いみたい。一般的な金属レールのサドルなら基本的には大丈夫そう。でも外れ方見る限り絶対平気とは言えない。

Deda ZERO100のハンドル試したけどやはりよくしなる。長く乗るにはいいとおもうが反面、しなりすぎてレース向きじゃない。柔らかすぎるとおもう人はいるだろうな




【関連する記事】
|自転車メモ|15:53|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1203
トラックバック