自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 自転車練習記録の目次 | main | スペシャライズドルーベSL3とお別れ >>
カーボンフレーム割れ後に約2万キロ走行



 カーボンフレーム割れ後の累計走行距離が約2万キロを突破(実質は18700キロ前後ですが千の位を四捨五入してキリ良く約2万キロにしましたw)ちなみに2年以上掛けて走りました

割れが見やすいようマジックで塗った

 2010年の12月にロードバイク(スペシャライズドルーベSL3)を立て掛けている時に突風で転倒、当たり所が悪くスプロケ側のシートステーが割れました。

割れ発生後も約500キロ走り、その後自分で補修、セルフ補修後は18246キロ走行しました(補修前500キロ前後+補修後18246キロ=冒頭で書いた約18700キロ)

詳しい経緯〜対策検討〜補修までの流れは「カーボンフレームの割れ補修完了」を参照してください。

仕上がりにこだわればもっと違和感なく補修可能

 前に「カーボン割れ補修追記分、加熱・加圧・研磨」で書いた通り、私の補修方法には抜けている工程があります(特に加圧が抜けているのが致命的)

カーボンフレームを自作している「ヌーボカステ工房のひどいブログ」のカステさんに「無加圧だと十分な強度は出てないはず...でもそれだけ走れたと言う事は、そこまで深い傷ではなかったのかも...」的な事を言われました。

オートクレーブのような専用品を使わなくても、アイデア次第で加圧・加熱は出来ます、実際カステさんが補修したカーボンパーツは写真のような段差がなく、プロの補修に近い仕上がりになっています。

 現在の知識でカーボン補修し直せば、強度を上げつつ綺麗に仕上げる自信はあります、しかしそんな事をしなくても3代目ロードバイク購入まで持たせる事が出来ました(*^^)v

カーボンを割った当時は「2度とカーボンは買わない」と思ってましたが、取扱いに注意していれば割る事はありません(補修後2年以上使用して同様のトラブルは一度もなかった)

運悪く割ったとしても補修すれば乗る事は可能です、ただ私が大丈夫だったから他の方が同様の補修をして大丈夫とも限りません、リスクはありますのでセルフ補修は自己責任でお願いします、安心感が欲しい方は買い換えorプロに修理依頼する事をおススメします。




|カーボン割れ補修|15:58|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1198
トラックバック