自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< カーボンフレーム割れ後に約2万キロ走行 | main | 自転車カーボン割れ補修の目次 >>
スペシャライズドルーベSL3とお別れ



 3代目ロードバイク(コルナゴマスターXライト30周年記念モデル)のフレームが到着したので、パーツ乗せ換えの為にスペシャライズドルーベSL3をお店に持って行きました。

前回は1週間程度掛かると言われましたが、今回は早ければ明日には組み立てが終わると言われました(休日の関係があるので取りに行くのは数日後になりますが...)

規格が合うパーツを全て3台目ロードバイクに乗せ換え、BBのみ9000系に交換します、乗せ換え後ルーベSL3のフレームは持ち帰り、後で余ったパーツで組み直す予定です。

納車時のルーベSL3

 2010年11月に購入して約2年3ヶ月乗りました、累計走行距離は19029.1キロ(カーボン割れ後約18500キロ走行)

カーボンがヘタって来てる感じはしますが、性能は高いのでまだまだ乗りたい気持ちはあります、しかし「カーボンフレーム割れ後に約2万キロ走行」の件もあります。

基本的にフレームの寿命は2万キロと言われますが、普通ならもっと粘ると思います、しかしカーボンセルフ補修と言う爆弾を抱えた状態で乗り続けるのは精神安定上良くないです(-_-;)点検は定期的に行っていますが

本来は2014年モデル発売まで粘る予定でしたが、たまたま2013年モデルに気に行った自転車が発売されたので買い換えに踏み切りました。

瀬戸内海一周600キロの時の写真

 走行性能&衝撃吸収性が高く、本来相反する要素を兼ね備えたモデルと言うふれこみ通り、ロングライドではいかんかく性能を発揮してくれました。

別のフレームでも走り切れたかもしれませんし、走り切れなかったかもしれません、たらればの話ですが、走りの方向性を考えてルーベSL3を購入して正解でした。

マスターXライトはクロモリですが、レーシーなモデルなので衝撃吸収性はどうかな…それに重量増は間違いないので、登り坂を避けて通れないロングでは厳しい展開が予想されます。

 岡山県だけでなく広島・兵庫・愛媛・香川・徳島と走り、今までたくさんの思い出を作ってくれたルーベSL3、いつか自分の手で組み直すその日まで、しばしの休憩となります(`・ω・´)ゞ



|My自転車|17:39|comments(13)|trackbacks(0)|
コメント
こんにちは^^
いよいよですか…
なんとなく寂しいような、新しいフレームが来て嬉しいような複雑な心境ではないでしょうか?
私も次は、クロモリと決めてますのでマスターXのレポ楽しみにしています^^v
| ramu3003|
こんにちは
マスターXライト納車おめでとうございます
ところでグラフィックス社から出版されている
世界の名自転車100と言う本はご存知ですか?
そこにはルーベが堂々とランクインしてます
末永く大事にしてあげてください
| じじ|
ついにクロモリフレームが到着しましたか。おめでとうございます。クロモリは非常に興味があるので今後のブログアップ楽しみにしております。
| hyh|
初めまして、ももざると申します。
ブログ、いつも楽しく拝見しています。(毎日更新をチェックしています)
私もカーボン→クロモリ乗り(derosa corum)なので、kazuさんの「クビを長くしてフレームを待つ感じ」、よくわかります。(私の時は8ヶ月待ち)
kazuさんの組み上げからインプレまで、私も勝手ながら楽しみにしております。
| ももざる|
なんだか感慨深い記事ですが、ルーベは良いフレームなので、まだまだ楽しく乗れると思いますよ^^
次回、再生される記事に期待しています。
| めばる君|
おお!!
いよいよですね。マスターXは知り合いに乗ってる人が何人か居ますが、評判の良いフレームですから本当に楽しみですね。

確かに、ルーベSL3と比べたら重量増は避けられないと思いますけど、去年のツールド沖縄にマスターXで出た知り合いはコンポはカンパですけど、シートポストやハンドルバーをカーボンにして車両重量で確か8,3kgだったと思いますから上手く軽量パーツを導入していけばそれほど重量増は気にならないかもです。

登坂性能に関してもクロモリの重さは感じる物の適度に剛性があって楽しいフレームだと話していましたから、僕自身乗ったことはないですけど、ロングもレースも楽しく走れるフレームみたいです。

9000のBBは79に比べて小さくなってるので耐久性に疑問があるんじゃないかって言う人も居ますね。
ただ、僕もつい数日前に9000DURA導入しましたがBBはよく回るようになりましたね。
TOKENのBBほどじゃないけど79と比べてもかなり回転性能は良いとショップでも言ってましたね。

毎度長文コメ失礼します。
マスターX楽しみですね。
| やま|
ramu3003さんへ

正直到着するのはもうちょっと先でも良かったですね(;´∀`)まだまだルーベは乗れますし、出来れば切り良く2万キロ乗りたかったです

次はクロモリですか、自分のロードバイクだろうと悪かったらディスりますからね…クロモリ買う気なくすかもしれませんよw


じじさんへ

その本は初めて聞きました、本当にルーベは良い自転車ですよ、シートステーの件がなければ3万、4万キロと乗ってましたね。

誰かにあげたり、売ったりも出来ないので、頑張って組み直したいと思います(´∀`)
| kazu|
hyhさんへ

ありがとうございます(´∀`)クロモリに興味がある方も多いでしょうし、根強いファンもいるフレーム素材ではありますが、結果がどうなるか...今からヒヤヒヤしてますw


ももざるさんへ

毎日チェックですか、お忙しい中ありがとうございます(*^^)v

やはりクロモリは納期が長いんですね、今回は7ヶ月待ちでしたが、まだマシな方なんですね(;^ω^)
| kazu|
めばる君さんへ

せっかくなので過去にやったカーボン補修部を削って、今の知識で綺麗にやり直そうと思ってます(´∀`)そして自分の手で組み直す、考えただけでも面白そうです


やまさんへ

過去の記事もありますが、マスターXライト自体は乗った事あるんですよね(;^ω^)当時の感想から考えるとルーベに追い付くのは難しいかなと…

ロングライドでの疲れ具合が最大の焦点ですね、坂で足を使う分疲れやすいか、クロモリの特性を生かして疲れにくいか、どう転ぶか楽しみです。

9000系のBBは回転性能を向上させた代わりに、耐久性は下がってるはずです(-_-;)今までは泥とまで言われたシマノBBですが、トーケンと違って雨にも強いのでほぼメンテフリーなのが強みですよね

6700BBの時は16000キロくらいノーメンテでしたが、9000BBだとどうでしょうね…1万キロはノーメンテで行けて欲しいですね。
| kazu|
おぉ、いよいよですか!
楽しみですね♪(^з^)-☆

クロモリは気負わず走れますから良いですよ~ヽ(´ー`)ノ
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

クロモリなら抜かれても言い訳出来ますからねwまあ平日主体なので他のロードバイクと合う事はありませんがww
| kazu|
こんにちは。
おお〜!とうとうマスターXライトのフレームが到着ですか(^^)いやはやコルナゴはカッコいいんでしょうね〜♪

自分もBBだけそろそろ交換(現在はTIAGRAのBB)しようと思っているので、SM-BB9000の使用感など実際にお使いになったらぜひ教えて下さい(^^)
まぁBBが9000系になっても『変わらない』かもしれませんが…(^_^;)
| taka|
takaさんへ

古き良き時代の塗装には届かないでしょうが、それで普通のマスターXよりは格段に綺麗だと思います(´∀`)

BB9000は回転性能を上げた代わりに耐久性が少し下がってるそうです、前モデルだと7900でも6700でも5700でも差は感じれないレベルでしたが、今回は軽いと分かるらしいですよ。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1197
トラックバック