自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 冬はヘルメットの穴から寒い風、サイクルキャップ購入 | main | トレーニング理論、練習方法の目次 >>
走行中カーボンホイールが粉々【動画あり】



 ツイッターで走行中カーボンホイールが粉々になる動画が回って来ました、動画の30秒辺りからが本番です(下記動画が見れない人用のURL http://youtu.be/Ngv7Iu3y1o0?t=28s)

走行中カーボンホイール破損

  動画を見た感想としては怖いな〜と思いました、原因不明ですが動画は競技用カーボンディスクホイールみたいです。

市販されているカーボンホイールが割れる事はないと思い、試しにググってみたら縁石に当てた、リム打ち等でカーボンリムが割れた人はチラホラいるようです(;´∀`)またカーボンスポークも段差の衝撃で折れたとか…

 昔はステンレススポーク&鉄製リムのホイールもありましたが、重量が重いため現状では鉄製リムは使用されていません。

ステンレススポーク&アルミリムが価格的には一番安くなり、エントリーモデルの完成車に付いているシマノWH-500がコレに該当し、手組ホイールも含みます(高級手組スポークのCX-RAYもステンレス)

その1ランク上がアルミスポーク&アルミリムになります、フルクラムレーシング1、カンパニョーロユーラス、マヴィックキシリウムSLSがコレに該当します。

 その上がカーボン&アルミMIXモデルで、私の持っているマヴィックR-SYSはカーボンスポークですし、カンパのハイペロンワンはカーボンリムですがハブはアルミです。

このグレードからカーボンを使っているので取扱いには気を使います、カーボンスポークなら1〜2本折れても修理費用はしれてますが、正直R-SYSで輪行は怖いですね(;^ω^)これがカーボンリムだとさらに修理費用が高くつきます

さらに上のグレードになるとスポーク・リム・ハブがカーボンです、ライトウェイト、マッドファイバー等がコレに該当します、高性能・高価で有名なライトウェイトは50〜70万円以上します。

 ホイールはリム外周部の軽量化が効果大ですが、アルミリムの場合はリムハイトを高くしようとすると重くなります。

クリンチャーでリム高30mm、アルミ最軽量のXR300でも450gですが、カーボンのENVEだとリム高45mmで395gです。

これがライトウェイトのオーバーマイヤーだとリム高52mm、リム・ハブ・スポーク込みで前輪は425gですからね(;´∀`)リムだけだったら200g台だと思います

 私はロード用ホイールはシマノWH-500、WH6700、マビックR-SYS、自作手組ホイールと使いましたが全部リムハイトが25mm以下です。

最近購入したPAXホイールがリムハイト30mmなので、コレが一番リムハイトが高くなります(50mmのディープリムは試乗した事はあるが所有した事はない)

 ディープリムは興味ありますが、前記の通りアルミリムでは重くなるので販売しておらず、必然的にカーボン製に限られます、しかし冒頭のような動画を見ると購入が怖くなって来ます…性能は間違いなく良いのですが(-_-;)



|自転車ホイール|01:44|comments(8)|trackbacks(0)|
コメント
この動画は以前観たことがあるのですが,壊れた原因はタイヤがバーストしたからだったと思います.壊れる直前に破裂音がしています.
| ずばびずぅ|
バイクもホイールもやっぱりアルミが一番ですね(笑)
ところで、kazuさんのR-SYSのハブは良く回りますか?
| めばる君|
ずばびずぅさんへ

確かにパンって音がしてますね(;^ω^)バーストで割れるんですか…それだったら尚更怖いですね

走行時にバーストしたと言う方はいますし、縁石や段差は注意すれば何とかなりますが、バーストでカーボンリムが割れるとなると対処しようがないですね…


めばる君さんへ

アルミ党の人(´゚∀゚`)キタコレ 

R-SYSハブは良く回りませんwフリーだとシマノは回転が良いです(´∀`)この件に関してはツイッターで詳しくリプします
| kazu|
こういう映像を見ると『やっぱカーボンは・・・』ってなっちゃいますね(・_・;)

しかしめくれるように破壊が進んでますね〜
| イヨッキュ|
こんばんは^^
うわっ! こわ〜〜…
こんな事、ダウンヒル中とかになってしまったら全く対処できないですよ><
いつかはカーボンディープリムとか思ってたけどorz
| ramu3003|
この動画は行きつけの自転車屋でスタッフの方と見たことがありますが、その際に聞いた話ですと破裂音の時にタイヤがバーストして前輪だったこととレース中のしかもスパートをかけたところだったため減速もままならなくて、硬い路面にカーボンディスクホイールが直接当たって割れたということみたいです。
仮に同じ状況でアルミリムのホイールだとどうなるのか聞いてみたら、あの速度で前輪がバーストしたら硬いアルミリムの場合カーボンリムのように割れながら衝撃を和らげることはないので、トップスピードのままコントロールを失って深刻な怪我をする可能性もあるそうです。

言われてみれば、ペダリングをゆるめてることもあるでしょうけど、動画の後半ホイールが割れ始めてから減速しているようにも見えます・・・実際の怪我の程度がわからないので何とも言えませんけど、あのトップスピードでそのまま落車したらと思うとゾッとしますね。

いずれにしても、ロードに乗っているとパンクの怖さを感じることは少なくありませんからお互い気をつけて楽しくこれからも乗っていきたいですね。
| やま|
イヨッキュさんへ

クラック程度なら聞きますが、走行時に割れて大事故と言うのは聞かないので基本大丈夫なんでしょうけどね…流石に怖くなりました(;^ω^)


ramu3003さんへ

私もディープリム狙ってたのですが、しかも普通に買うと高いから中華カーボン行く予定でしたが…ちょっと考え直そうと思います(`・ω・´)ゞ
| kazu|
やまさんへ

カーボンリムだとパンクして、道路に接触した時に割れる可能性があるんですね…だとしたらやはり怖いですね(-_-;)

ダウンヒル中にパンクした事が2度ありますが、ケガはありませんでした(リムは少し凹みましたが)

結果的には「たられば」なんでしょうけどね、アルミだろうがカーボンだろうが割れる時は割れますし。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1192
トラックバック