自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 自転車撮影時の正しい向き、今まで間違ってた | main | 走行中カーボンホイールが粉々【動画あり】 >>
冬はヘルメットの穴から寒い風、サイクルキャップ購入



 ロードバイク・クロスバイク等のスポーツ自転車用ヘルメットは、熱を逃がす為にたくさん通気孔が空いています。

通気用の穴が開いているヘルメット

 夏場は穴から風が通って涼しいですし、ハゲ防止の観点でも蒸れないベンチレーション構造はありがたいですw

ただ冬場は穴から風が通るので寒いです…っと言いたい所ですが、漕いでる時はそこまで寒いとは感じません。

しかし冬場は実走から帰った後に頭痛がしたり、風邪気味になる事があります…プロショップの方いわく全身フル装備で固めても、ヘルメットの穴から冷たい風が入る事で、頭が常時冷やされてる状態になるのが原因だそうです。

パールイズミヘルメットカバー 約2500円

 ヘルメットの穴を塞いだり、上からカバーをする事で寒い風が通らなり、一気に冬のライドが快適になるそうです。

他にもサイクルキャップを検討しましたが、価格が1000円以上するので迷う所です(サイクルキャップは夏にも使えるので一つは持っておきたい)

サイスポ3月号&サイクルキャップ 860円

 本屋に行くとサイクルキャップが売ってました、860円でサイスポ3月号が付録で付いて来ます(*゚Д゚) アレ? サイクルキャプが付録だっけ?笑

ゴムが伸びるフリーサイズで、サイクルキャップの上からヘルメットの装着も問題なく出来ました、メッシュ素材なのでオールシーズン使えそうです。

専用のヘルメットカバーに比べると防風性は劣るでしょうが、何もないよりは暖かい気がします(元々走行時に寒かったわけではないので何とも…)ただ走行後の頭痛はなくなったので、多少は保温効果があると言う事でしょう(´∀`)




|自転車グッズ|21:55|comments(1)|trackbacks(0)|
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1190
トラックバック