自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ホイールのエアロスポークは効果大 | main | シマノWH-6700分解、ハブ・スポーク・リム重量測定 >>
ガーミンエッジ705故障、起動画面フリーズの直し方



 新年明けましておめでとうございます、今年もよろしくおねがいします。

新年の挨拶をしたものの、2013年度の目標は年末に書いてしまったので書く事がありません、そこで今日は年末のガーミンエッジ705故障事件を報告します。

知らない方に説明しますとガーミンエッジ705とは、ガーミン社から発売されたGPSナビ・心拍計機能付きの高性能サイコンの事です、詳しくは「ガーミンエッジ705で出来る事」を参照してください。

瀬戸大橋 初日の出

 年末に3本ローラー台で漕ぐ際、ケイデンスを見る為ガーミンエッジ705を起動した所、起動画面から進まなくなりました(いわゆるフリーズ状態)

私はウイグルで購入した外国版ガーミンを使用していますが、購入から2年半経っているので寿命かと思いました(この辺りの途中経過はツイッターでつぶやいています)その後USBケーブルでPCに接続しましたがダメでした

 なぜか手元に日本語版ガーミンエッジ705の説明書があるので確認した所、ロック&フリーズ時のリセット方法が書かれていました。

電源が入った状態で「mode+lap」を押すとフリーズ状態を解除する事が出来ます、しかしこれは走行中にフリーズした状態を解除する方法で、起動画面から進まなくなったケースには対応していません。

 なので今回はオールリセットを実施しました、手順はmodeボタンを押しながら電源を入れます、すると「本当にデータをオールリセットするか?」と英語で聞かれます、これでYesを選択すると直りました。

ただしオールリセットなので初期設定からやり直す必要があります、しかしこれに関しては過去に自分が書いた記事があります→「ガーミンedge705の初期設定

ブログは備忘録も兼ねているのでこう言う時便利です(´∀`)私は何か調べる時まず最初にサイドバー右上にある検索窓で自分のブログを調べます、一通りの事は書いてるので欲しい答えが見つかる事が多いです

 ちなみにオールリセット後は電源を入れてからの起動が格段に速くなりました、PCと同じで今までのデータが貯まっていた為、容量不足になり今回のようなケースに至ったのかもしれません。

よくキャノンボール、ブルべ等の長距離ライドで、走行データログが飛ぶ事が起きるようですが、事前にオールリセットして容量を空にした状態で望めば大丈夫かもしれません。

年末のガーミン故障騒動でしたが自己解決する事が出来ました、800のタッチパネルがどうも気に入らないので、2013年と言わず新型が出るまで末永く使って行きたいです。




|自転車グッズ|09:28|comments(4)|trackbacks(0)|
コメント
明けましておめでとうございます!
今年も楽しくタメになる記事をヨロシクお願いいたします^^v
| ramu3003|
ramu3003さんへ

明けましておめでとうございます。

役に立てるような記事を書けるよう頑張りますので今年もよろしくお願いします( ´∀`)
| kazu|
あけましておめでとうございます。
ますます、掘り下げた情報
盛りだくさん期待しております。楽しみです。
| Siru|
Siruさんへ

明けましておめでとうございます今年もよろしくお願いします。

最近マニアックな方向に進んでるので、たまにはライトな記事も書きたいのですが(^_^;)とりあえず頑張ります
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1172
トラックバック