自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 自転車箱根駅伝逃げ・追走、不快が約6割 | main | ガーミンエッジ705故障、起動画面フリーズの直し方 >>
ホイールのエアロスポークは効果大



 某ホイールを使う機会があったのですが、やはりエアロスポークは効果が大きいと感じました、なので自分へのメモ用に現在の考えを書く事にします。

まず初めにホイールの空気抵抗はリムハイトが高い、スポーク数が少ない、断面積が小さいほど少なくなり、スポーク形状が丸型よりブレード・楕円のエアロスポークの方が有利になります。

 私が決戦用ホイールとして使うのは「マビックR-SYS」で、コンプレッション機能で高いパワー伝導性&カーボンスポークにより衝撃吸収性が高く、ヒルクライム&ロングライド向けとされています。

欠点はスポークが太い事で実測4.1mmありました、これが入門ホイールのシマノWH500だと丸型2.0mm、マビックキシリウムSLS、フルクラムレーシング0等になると丸型ではなく、平べったいエアロスポーク(通称きしめんスポーク)が採用されます

ネットに風洞実験のデータがありますが、マビックR-SYSは空気抵抗部門でワースト1位です(上位は当然ディープリムホイールばかり)

MAVIC R-SYS

 しかし空気抵抗が多いのは購入前から分かっている事です、ただキシリウムSRと乗り比べた感じ、そこまで気にならなかった&登り坂はR-SYSの方が進む&乗り心地が良いとされる事から購入に踏み切りました。

ロードバイクの科学と言う本にリムハイト・スポーク数・スポーク形状を変えて、ローラー台・実走で実験したデータが掲載されています。

詳しい数字は本を見ていただくとして、データ上は微々たるものです(ローハイトリムに32Hと空気抵抗が増える組み合わせVSディープリムホイールにも関わらず)レースならまだしも一般のサイクリングレベルなら大差はありません。

 しかし某ホイール(エアロスポーク)を漕いでみると、30キロ位までは負けてる感じですが、そこからの速度の落ち込みが少ない感じがしました(つまり巡航速度維持が楽) 

自作手組ホイール(丸型1.8mmの前後32H)、R-SYS(丸型4.1mmの前16・後20H)の両方と比べて巡航維持が楽です。

オープンプロのリムハイトが約19mm、R-SYSが前22mm・後25mm、リムハイトの差は数ミリなので大きな差はないと思います。

手組は1.8mmですが丸型&本数が多いのが効いており、R-SYSは本数は少ないものの丸型&4.1mmと太い事が効いてると思われます。

ハブ回転性能の差もないとは…これに関しては何とも言えないので保留ですが、個人的にはスポーク本数&形状の差が大きいと感じます。

前記の通りロードバイクの科学でのデータ上はそうでもありませんが、体感レベルでは結構違います、この事からエアロスポークの効果は大きいと考えます。

キシリウムSLS

 当時はキシリウムSL・SR、R-SYSで迷いましたが、平地巡航を考えるとキシリウムの方が間違いなく良いので「こちらを購入するべきだったのか?」とも思いますが、「登りやロングでの衝撃吸収性を考えればR-SYSで良かったかも」と言う思いもあります。

ロングライドで特に疲労が溜まる&精神的にきついのはヒルクライムなのでR-SYSで良かった?しかし距離が伸びれば伸びるほど平地巡航する時間も増えるので、エアロスポークのキシリウムが疲労軽減につながるのか?

時間を巻き戻せない以上同じ条件下で走る事は出来ませんから、たらればの世界ですけどね(;^ω^)ただ空気抵抗は重要だと実感しました、エアロスポークのホイールもですがディープリムホイールも使用してみたいですね。

 ただこう考えるとフルクラムレーシング0最強説も分からないでもないです(アルミリムの中では一番おススメと手組ホイールをメインで行う自転車店の方が書いてた)

衝撃吸収性は何ともですが、重量も軽いですし、剛性の高さも有名です、またリムハイトが前26・後30mmでエアロスポークと空気抵抗も低い、しかも2to1で左右テンション差も少ないです。

 「ヌーボカステ工房のひどいブログ」のカステさんが、カンパG3のテンションを測定したら左右差が5〜10kgfで、2to1もコレに近いだろうと書かれていました。

左右のテンション差が5〜10kgfと言ってもピンとこないでしょうが、普通のホイールなら50kgfは差があります(後輪フリー側が高く、反フリー側が低い、手で触っても分かるレベル)

ただ剛性・重量・空気抵抗>超えられない壁>左右バランスなので、バランス是正がどこまで効果があるか分かりません(なのでレーシング0、1やユーラス、シャマルウルトラ等を試乗してみたい)




|自転車ホイール|09:55|comments(3)|trackbacks(0)|
コメント
僕のK10ホイールは30km/hより上の速度で伸びる感じがするので平地が楽しく走れます。
でもヒルクラは、軽いってぐらいしか感じませんので、やっぱり平地むきなんでしょうね。
ただ、平地巡航が気持ちいいので、イヤッホーと走っているとすぐに脚が終わっちゃうのが、貧脚の僕の悩みです^^;
| めばる君|
めばる君さんへ

やっぱり平地伸びますか、K10もキシリウム的な構造ですもんね。
当時マビックのメーカーさんが、前にキシリウム、後にRーSYSが良いと言ってました。

ついつい漕ぎ過ぎてしまうのは高級ホイール、フレームの特徴ですよねw

| kazu|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1169
トラックバック