自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< フルクラムレーシング0の赤色モデル限定発売 | main | 2012年12月の走行記録 >>
スピードプレイをグリスアップ(AZモリブデングリス編)



 前に「格安でスピードプレイZEROをグリスアップ」する方法を紹介、その時はシマノデュラグリスを使用しました。

前回のグリスアップから約2000キロしか走ってないのですが、ホームセンターに行く用事があったのでAZモリブデングリスを購入、ついでにグリスアップをしました。

AZモリブデングリス 約300円 400g

 ホームセンターで売っているAZグリスは自転車用ではなく工業機械用で、写真で見たら分かる通り量が多く安価です(デュラグリスが50gで約1000円)

他にもAZリチウムグリス・ウレアグリス等が売っていましたが、今回は耐荷重・耐摩耗性が高いモリブデングリスを使用。

ちなみに最近AZから自転車用オイル・グリスが発売されましたが今回は割愛します、機会があれば記事を書くかもしれません。

青丸がデュラグリス 黄色丸がAZモリブデングリス

 シマノデュラグリスは本来黄緑色ですが、約2000キロの走行でかなり汚れています、スピードプレイは半年に一回グリスアップ推奨ですが、走行距離が多い方はもう少し頻度を上げた方が良いでしょう。

またAZモリブデングリスは柔らかいので、粘度の高いデュラグリスを押し出しにくかったです(かなり力を入れて注射器を固定し注油しないとグリスが手前にリバースする)

 グリスアップ後にペダルを手で回してみたところ、回転はデュラグリスとあまり変わらない感じがしました(要するに回転が渋い)

グリスアップ後に走行しましたが「耐荷重が高いだけあって走りが全然違う!」と言う事はありませんでした(;^ω^)特に変化は感じないです

【追記分】
 メンテ後に知ったのですが、モリブデングリスは耐水性が低いそうです、雨天走行後はメンテが必要になる可能性があります。

リチウムグリスは万能グリスと呼ばれており幅広い用途で使用します、ウレアグリスはリチウムグリスの耐熱・耐水・耐荷重性を高めた物になります。

 ペダルは大きな力が掛かるので、耐荷重・極圧性の高いグリス選びも重要になりますが、漕いだ時どの程度パワーが掛かり、どの程度耐荷重性が必要なのか分かりません。

元々モリブデングリスは工業機械用なので、耐荷重性が足りないと言う事はありえません、人間が漕ぐ自転車ならそこまで耐荷重性は必要ではなく、リチウム・ウレアグリスで十分と推測します。

耐荷重・耐摩耗性に関してはモリブデングリスの方が良いですが、雨天走行&他の性能面を考えるとウレアグリスが良いと考えます(金があるなら当然スピードプレイ純正品が一番)



|自転車メンテナンス|20:27|comments(4)|trackbacks(0)|
コメント
なるほど!初スピードプレイとなるわたくしも参考にさせて頂きます( ..)φメモメモ

チタンシャフトなのは内緒ですww
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

チタンシャフトだったら話が変わって来るかもしれませんね、焼きつき防止に通常とは異なるグリスを塗ったりしますし。その辺がどうなるのかイマイチ分からないですね(^_^;)
| kazu|
こんばんは、グリスのことというとメンテをする人でも意外と無難にデュラグリスで落ち着いている印象ですけど、これもこだわり始めると奥が深いです。

記事内でも触れていましたがモリブデングリスは極圧性・耐荷重性に優れますけど耐水性は低いので自転車ではあまり使いどころがなかったりします。
そして、無難と言われるデュラグリスですが意外に思う人もいるかもですけどカルシウム系グリスなんですよね。特性は耐熱性はイマイチですけど耐荷重性・耐水性に優れています。
ペダルにということなら耐水性の高いデュラグリスか同じようなカルシウム系グリスが良いかもですが・・・ホームセンターにおいてあるものはほとんどがリチウム系グリスで一部ウレア系グリスという感じですね。乱暴な言い方ですが自転車にリチウム系やウレア系最大のメリットともいえる耐熱性はあまり意味ないと思います・・・パーツや回転部品とはいえ自転車の部品が200度を超えることはまずないですからw
ただ、回転性能はカルシウム系よりリチウム系グリスの方が良いと思いますのでちょう度1号ぐらいの柔らかいグリスを見つけられればデュラグリスより断然回転性能がよくなりそうですが・・・なかなか無いですw
ちなみにデュラグリスは2号ぐらいの固さなので固さも相まって回転性能はイマイチですね。
固さも0号以下になると今度は雨などで流れそうですし。

あ、チタンシャフトでもペダルに使うと言うことであればグリスは同じで大丈夫だと思います。
チタングリスなんてものもありますけど、あれは回転部分などではなくチタンフレームなんかのシートポストの焼き付きやねじ部のかじりを防止するものなので回転部分には向きません、どちらかと言えばシリコングリスに近い感じです。
話に割り込む形になってしまってすいませんでした。
| やま|
やまさんへ

デュラグリス安定ですからね〜色々試して一周してデュラグリスに戻る方もいますしwせっかくなので色々試そうかな〜と言う感じです。

モリブデングリスは失敗した感があります(-_-;)せっかくなので回転性能を良くしたいですね、雨天走行は年数回ですし

ちょう度って言うのがあるんですか、次はリチウム・ウレアグリスにする予定でしたが、ちょう度2の物だったら結果的に回転性能は変わらないと言う事ですね。

ちょう度が書いてるかどうかが焦点ですね、今度ホームセンターに行った時に確認してみます。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1166
トラックバック