自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 完組ホイールVS手組ホイール | main | 自転車ホイールが人気な理由 >>
マビック2013年モデルキシリウムSLS発売



 マビック2013年モデルにキシリウムSLSが発売されました、これは絶大な人気があったキシリウムSLの後継モデルになります(これに伴いキシリウムSL・SRはカタログ落ち)

キシリウムSLS 定価13万1250円(タイヤ込み)

 重量はペア1485から1395gに一気に軽量化、価格はタイヤ・チューブ込みで約13万円、1本6300円のタイヤ(イクシオングリップリンク・パワーリンク)とチューブが標準装備なので、ホイールだけだと約11万7000円になる計算です。

 ハブのフリーはR-SYSでも採用されていたFTS-Lです、同じ物かどうかは分かりませんが、メンテ頻度を上げて性能を維持するタイプだとすると無精者には厳しいですね(;´∀`)

キシリウムSLSではシールドベアリングが使用されています、平地ではあまり関係ありませんが、コーナリング時はシールドベアリングよりカップ&コーン式の方が良いと言われています。

R-SYSは所有してますし、全モデルのキシリウムSRにも乗った事がありますが、ハブ以外が素晴らしいので走りはとても良かったです、なのでキシリウムSLSも走ればハブの事は何とも思わないはずです。

 自転車雑誌・書籍を読んだ事ある方は知っていると思いますが、ホイールは外周部の重量が効いて来ると言われます。

軽量タイヤを使っても前後での重量は十数グラムしか軽くなりませんが、走ってみると差が分かるのはこの為です(リムよりタイヤの方が外周部に来るので効果が大きい)

 一般的にアルミリムの場合400g以下は軽量リムと呼ばれますが、キシリウムSLを分解した方の記事を見た感じ410g前後と思われます(フルクラムレーシング1は約450g)

キシリウムSLSでは従来のキシリウムSLのテクノロジーに加え、各スポークホール間のリムのサイドウォールを切削し、軽量化を図っているそうです(ISM3Dと言うらしい)

リム重量は誰か分解してくれないと分かりませんが、400gを切って来てる可能性もありますね、要するにかなり漕ぎが軽いホイールだと言う事です。

左がクロス 右がラジアル

 写真だと分かりにくいかもしれませんが、右(フリー側)はスポークがクロスしないラジアル組み、左(反フリー側)はスポークがクロスした組み方です(この組み方をイソパルス組みと言う)

後輪はフリー側にギアが付いている関係で非対称になり、オチョコ組みのフリー側がテンションが高く、反フリー側のテンションが低くなります。

横方向のバランスを釣り合わせる為、左右でテンションを変える必要があり、イソパルス組みをする事で左右バランスの適正化が行えます。

 ペダルを漕ぐ→チェーン→フリー側のスプロケを力が伝わり後輪が回転します、この時フリー側には大きな力が掛かるので、クロス組みにするのが鉄則です(フリー側をラジアル組みにするとトルクに耐え切れない)

なので普通の手組・完組ホイールでイソパルス組みをすると失敗作になりますが、キシリウムはハブ・スポークを堅牢な専用品を使う事で、フリー側がラジアル組みでもトルクに耐えれるようにしています。

FOREテクノロジー

 普通のホイールはリムの穴にニップルを入れ、ニップルを締めてスポークを張りますが、マビックでは素材を溶かしながら内側に押し込んでネジ山を造り、そこにスポークニップルを直接ねじ込みます(FOREテクノロジーと呼ばれキシリウム、R-SYS等に採用)

これはマビック独自の技術なので、手組は当然ですがパテント(特許)の絡みでシマノ、カンパ等の他メーカーも出来ないようです。

この方式+ジクラルスポーク(特殊アルミ合金)を使う事で、手組ホイールでは追い付けない剛性を出す事が出来ます。

 手組ホイールでキシリウムSLSより軽いホイールは作れますが、左右バランス・剛性面では敵わないでしょう。

このホイールは「完組ホイールVS手組ホイール」で書いた、専用設計でしか作れない完組ホイールで、手組を主に行うプロショップの方も製作する事は出来ないと言ってます、なのでキシリウムSLSはとても魅力的です(´∀`)誰かくれないでしょうかw




|自転車ホイール|02:13|comments(3)|trackbacks(0)|
コメント
わたくしが前に履いていたキシエリは同じ構造かは解りませんが(恐らく)その銀の部分が折れて中でカラカラ言ってたんですよね~

1000kmも走っていなかったので勿論初期不良として交換してくれましたが、ショップもお手上げだったので超ロングにはその部分が折れてしまうと行き先での修理がきかない難点のようです。
| イヨッキュ|
FTS-Lはフリーの名称ですね。ハブはなんて言うんでしょう・・・ただのハブ?(笑)
それからインパルスでは無くisopulseですね。等パルスってことでしょう、たぶんスポークテンション是正のことを表してるんじゃないかなーと。
スポークはZicralジクラルが正しいです。7075のフランスの商標っぽいです。中身はただの7075?

しかしキシリもすっかりスポーク細くなっちゃいましたねぇ。カンパフルクラが先にそうなりましたが、後を追わなくても・・・なんて。ジクラルの太いスポーク、イソパルス20Hでホイール作るならあれが最適と思ってたんですが、ちょっと残念です。
| kaste|
イヨッキュさんへ

私も旧モデルには詳しくないのですが、私のR-SYSもリム側は似たようなシステムのはずですが、今の所不具合はありません、初期不良の外れホイールに運悪く当たってしまった事になりますね(-_-;)

この構造に関係なく完組自体が少スポーク、ハイテンションなので、一本でも折れたら振れまくりで走行不能になるんですよね…だからひろさんがブルベは手組が良いって言うわけですw



カステさんへ

FTS-Lって言うのはフリーの名称なんですか、ハブ全体の名前かと思ってました(^^;)

ジクラルは見間違いですが、イソパルスは完全に勘違いですね…どうりでインパルス組で検索したら、お笑い芸人の方が出てくるはずですw後で追記、修正しときます

スポーク細くしたら強度的には落ちるでしょうから、イソパルスで不具合がないのかな〜とは思います(-_-;)またあれだけリムを削って大丈夫なのかと言う懸念も…

詳しい事は分かりませんが重量もあったんじゃないかな〜と思います、1400g台と1300g台では印象が違いますし、数字で出る重量は一番インパクトがありますから。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1158
トラックバック