自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ENVE・EDGE、軽量・高剛性・頑丈な高性能リム | main | 自転車関連メモ17 >>
空気抵抗に優れたリム、スマートENVEシステム



 前に「ENVE・EDGE、軽量・高剛性・頑丈な高性能リム」と言う記事を書いた所、詳しい方からコメントをいただきました。

カーボンリムの知識はあまりないので、ZIPPやレイノルズは分かりますが、SES、GIGANTEXと言うのが何の事か分かりません、またENVEリムにラージフランジはNGと言うのは聞いた事があるのですが、どう言う理由でNGなのか覚えてないので調べました。

 まずSESと言うのはSMART ENVE SYSTEMの略で、前の記事を書いた時にカタログの上に載ってたのですが、たくさん書き過ぎるのもどうかと思いスルーしました(;´∀`)

【SES クリンチャー】
3.4-35エアロ 435g
3.4-45エアロ 450g
6.7-60エアロ 495g
6.7-70エアロ 530g

【SES チューブラ】
3.4-35エアロ 340g
3.4-45エアロ 380g 
6.7-60エアロ 440g
6.7-70エアロ 480g

【ENVE】
・ロード1.25(TU) リム高25mm 250g
・ロード45(WO) リム高45mm 395g
・ロード1.45(TU) リム高45mm 295g
・ロード68(WO) リム高66mm 495g
・ロード1.68(TU) リム高66mm 369g

SESはリムハイト関係なしで、メーカー希望価格がTUは102900円、WOは107100円です(ENVEの価格は冒頭の記事を参照してください)

 同じリムハイトでもスマートENVEシステムの方が重量的には若干重くなりますが、エアロ効果は通常のENVEより高いそうです。

プロショップの方はリム重量の50gは大きいと言ってましたが、コメントをくれた方は「ヒルクライム限定等でなければSESの方がおすすめだと思いますよ」との事です。

 次にENVEよりジップ、レイノルズの方が頑丈な気がするとの事ですが、これに関しては厳密なデータは見つかりませんでした(ENVEより重量が重い=堅牢な作りになってる可能性はある)

ただZIPPに比べると通常版ENVEの方が、スポークテンションを30kgf前後上げれるそうです、なので体重の重い方が使用したり、剛性を上げたり、スポーク数を減らすならENVEの方が有利になりそうです。

 次に少量だがディスカウントされて販売される事もあるとの事ですが、楽天市場・アマゾンでは定価の5000円引きで売られてましたが、ディスカウントされてる感じではなかったです(-_-;)コメントは非公開にも出来るので誰かこっそり教えてくださいwツイッターでのDMも随時募集ww

 次にENVEリムにラージフランジはNGと言う点ですが、ENVEのリムは埋没式ニップルを使用してるので組めないようです(エンヴィに限らず他のリムでもインターニップルの場合はNG)

ただニップルがリムの中に内蔵されてる方が、空気抵抗と言う面では有利になります、ZIPPは通常のニップルなので、この点でもENVEが優れている事になります。

 最後にGIGANTEXのリムについてですが、GIGANTEXはカーボン製品をOEMしているメーカーで、丈夫なカーボンリムを生産してるようです(某ブログには仕上げが雑と書かれてますが…)

TNIやBOMA等の一部モデル、EQUINOXのリムはGIGANTEX製みたいです(FFWDがGIGANTEX製と言う噂もありますが、X-Paceと言う人もいるようです)

肝心の値段がよく分からなくて、どこで購入出来るのかも分かりませんでした(;^ω^)中華カーボンも話では聞きますが、どこで購入出来るのか分かりません

 ツイッターや仲良しブロガーさんの中には詳しい方がいるので、もし購入するなら色々教えてもらおうと思いますが、現時点では購入の予定はありません。

他の記事で書きましたが現時点で、手組ホイール構想が2案あります、他にもPAXサイクルと言う店で手組ホイールを購入する予定です(つまり最低でも3組はホイールが増える)

自分で手組ホイールを組むor店で購入した場合、それなりの距離を走る事になりますから、上記のホイール3組を消化するには2〜3年掛かると予想されます(;^ω^)中華カーボンに手を出すとしたらそれ以降なのでまだ先ですね




|自転車ホイール|02:04|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
やはりカーボンリムで組むなら空力や剛性などあらゆる兼ね合いを考え組まないと勿体無いですね。

しかしチューブラーとクリンチャーの差が100gかぁ~・・・所謂決戦用にチューブラーが多いわけですね(´・_・`)
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

アルミリムだと重量的に重くなるので、ディープリムはカーボンが強いですもんね。

チューブラを使う予定はありませんが、これだけ重量差があると気になります、一度使ってみたいですね。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1143
トラックバック