自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 常識を覆す新事実!クイックリリースは硬く締めるのが良い!? | main | デュラエース9000系が入荷、クランクをすぐ交換するか否か >>
ブロンプトンは金食い虫、思った以上にパーツ交換頻度が高い



 ブロンプトンはコンパクトに折りたためる事から人気の高い小径車で、荷物・人を合わせた許容総荷重は110キロが限界と書かれており、ロードバイクよりも許容総荷重は高いです。

またフレーム素材がクロモリなので丈夫なイメージでしたが、各部パーツの交換頻度は意外と高いようです。

ブロンプトン

 パーツ交換頻度ですがブロンプトンのオーナーズマニュアルによると、ヒンジ固定金具・ハンドルバー・チェーンセット・シートピラー・ペダルは約8000Km走行毎に(過酷な使用をする場合はより頻繁に)交換してくださいと書かれています。

またチェーン・スプロケットは約3200〜4800Km走行毎に交換が必要で、新旧のチェーン・スプロケを混ぜるのはNG、交換時は両方とも新しくするように書かれています。

またブレーキケーブルは約6400Km走行ごとにケーブルを交換する必要があり、ブレーキシューの減りもロードバイクに比べると早いそうです。

 「山六興業」のイヨッキュさんによると、ブロンプトンはタイヤの径が小さく、同じ距離でも700Cの1.6倍タイヤが回るので、タイヤが3〜4000千キロしか持たないそうです。

ブロンプトンのケブラータイヤが約4800円、コジャックが約5000円、マラソンが約2800円、COMETが約1800円で、純正チューブが約700円するそうです。

 ブロンプトンの3速が約15万、6速が約16万(メーカー希望価格)するそうですが、それ以外の純正パーツも高いので、改造し出すとかなり金が掛かるそうです。

中には1台に50万以上改造費を掛ける方もいるそうで、この点に関してはロードバイクと似たような物なのかな〜と思います(;´∀`)

 ブロンプトンの本来の使い方は、電車で輪行して観光ポタをするみたいな感じなのでしょうが、周りにいるブロンプトン乗りは100キロ以上がデフォみたいな感じですw

なので私の中ではそれなりに距離を走る物と言うイメージが出来上がってます(´∀`)逆に3〜50キロ程度のゆるポタで使う事に抵抗感を覚える位です

 ブロンプトンを所有してるブロガーさんは多いですが、みんなブロンプトンは金が掛かると言います(金満が多いイメージ…と言うか実際多いw)

ブロンプトン純正パーツがどのくらいするのかは分かりませんが、バックやアクセサリー類の小物も、ブロンプトンの雰囲気にあった物で揃えようとすると結構するようです。

ブロンプトンはパーツ交換頻度も高いし、パーツ・小物類も高い、実際に金は掛かる、しかし手のかかる子ほど可愛い的な心境なんでしょうね(*^^)v




|ミニベロ・シクロクロス|16:36|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
確かに金食い虫ですがそこがまたかわいらしいんですよ(u_u*)人(*v_v)

メーカー側の目安は多少盛ったとこもありますが部品によってはそれより長かったり短かったり様々です。

まぁ、純正部品がドンドン減ってきて最後は関係無くなるんですがね(笑)
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

安全の為メーカーが若干余裕を持たせるのは、どの業界でも当然ですからね(^_^)

純正品と純正品以外でどのくらい価格差があるのか分からないので、何とも言えないんですよね(^_^;)
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1130
トラックバック