自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 自転車関連メモ15 | main | ブロンプトンは金食い虫、思った以上にパーツ交換頻度が高い >>
常識を覆す新事実!クイックリリースは硬く締めるのが良い!?



 クイックリリースレバーとはホイールとフレームを固定する為の物で、ロードバイク・クロスバイク・MTB・シクロクロス等問わず使用されています。

使用方法は時計方向に回し締め込んで最後にレバーをグッと上げて固定します、この「締め込んでレバーを上げる事」を以下「締める」と表記します。

クイックリリースレバー

 クイックリリースのメリットとして、工具を使わず素早くホイールの着脱が出来る、ホイール着脱が簡単になりメンテ性が向上する等があります。

ちなみにママチャリ、MTBルック車はボルト締めでフレーム・ホイールを固定します、この為なんちゃってスポーツバイク・本格派スポーツバイクを見分ける際に活用する事もあります。

 私が初めてスポーツバイクを購入した時、店員さんにクイックリリースの取り扱いを教えてもらいました、この時以下2つの常識を教わります。

・締め込みが緩いと走行時ホイールが外れ危険
・締め過ぎると回転抵抗が増える

この為ほどほどの力加減で締めるのが良いと教わりました、コレに関しては他の方も同様の事を言われてるはずです(調べると緩すぎも締めすぎもNGと言う人が多い)

 その常識を覆す衝撃の記事が「ヌーボカステ工房のひどいブログ」の→「http://nouveau-kaste.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-ac20.html」になります。

早い話が「クイックリリースからボルト締めにしたらパワーロスが減る」と言う事になります、つまりクイックリリースでは固定力が足りないと言う事です。

これは前述した常識「締め過ぎると回転抵抗が増える」と矛盾する事になります、締めた方がパワーロスが減るなら、クイックリリースでも強く締めた方が良い事になります(クイックレバーで限界まで締めようとすると、レバーが破損するので注意)

 なぜクイックレバーを締めすぎると回転抵抗が増えるのかと言うと、ホイールハブのベアリング部に圧力が掛かり、転がり抵抗が増えるからです(玉当たり調整で締めすぎて、抵抗が増えるのと似た感じ)

玉当たりと言う観点で見るとマビックのシールドベアリング式ハブより、シマノのカップ&コーン式ハブの方が回転抵抗は増えます(前述した記事の方はカンパのユーラスを使用)

 この回転抵抗を測定する実験として、空でホイールを回し時間を測定する方法がありますが、この場合はクイックが緩い方が、回転が止まるまでの時間が長くなります。

ただココで考えて欲しいのは自転車でどこを走るかです、自転車は浮かばないので当然地面の上を走ります、つまり空でホイールを回す実験は意味がない事になります。

よくホイールが空転する時間が長いから、自分のホイールは回転性能が良いと言う方がいますが、実際はフレーム+人間の体重が掛かった状態で回るのですから参考にはなりません。

フレーム間をガッチリ固定するのがクイックレバー

 ただ回転抵抗が全く増えないのかと言うと多少は増えます、しかしクイックレバーをボルト締めにする事で、フレーム左右をガッチリ固定し剛性アップ、パワーロスが減り進みが良くなります。

つまり回転抵抗アップによるデメリットよりも、剛性アップによるメリットの方が大きい為、トータル的に走りは良くなると言う事でしょう(個人的には駆動側の後輪が効果が高いと感じます、前述した記事でも前輪は未実施)

前輪の場合は左右のフロントフォーク間、後輪の場合はシート・チェーンステー間を繋ぐ訳ですから、この部分の剛性はかなり重要と言うのも頷けます。

 ただクイックリリースを限界まで締めようとするとレバーが破損します(今までこう言った事例は多くある)なのでボルト締めにする必要があります

でもボルト締めにしたらパンク修理でホイールが外せないので困りますよね?わざわざスパナを携帯して走る訳にも行きませんし。

途中で紹介した記事の方(カステさん)はその辺りも考えて、手で絞めて・手で緩めれるような物を使ってるようです(スキュワーシャフトと言うそうです)

 カステさんにアドバイスしたのはプロの方2名のようですが、私自身クイックレリーズの締め方に関しては一切疑問を持ってませんでした。

一般的には常識とされてる事が、実は間違ってるとテレビ番組で放送され「へ〜そうだったのか」となる事がしばしばあり、カステさんのクイックリリースの記事は目から鱗でした(´∀`)他にも間違った常識があるかもしれませんね



|自転車メンテナンス|15:03|comments(25)|trackbacks(0)|
コメント
常識崩しをもう一つ。
クイックリリース、通常はこの記事の写真のような角度で止めなさい、と習うはずです。私も競技部の先輩からそう習いました。

でも空力的にはNGらしいですね。寝かせるのが正解だそうです。
| kaste|
確かに緩すぎると力は逃げてるんでしょうね~
わたくしは元来力一杯絞めていたのでプロショップのオッチャンに「締めすぎ!」と指摘されてましたが正しかったのかな?(°∀°)
| イヨッキュ|
カステさんへ

クロスバイクを購入した店では写真の通り習いました(´∀`)引っ掛けたり、当たったりしてレバーが開かないようにだったと思います

今の店では寝かせて空気抵抗減と言うやり方を教わりましたが、結構な頻度で写真のような角度で止めますね(;´∀`)習慣みたいなものでしょうか


イヨッキュさんへ

クロスを買ったチェーン店でも、ロードを買ったプロショップでも、締め込みはほどほどにと教わりました、雑誌や本でもほどほどと書いてるはずです(;´∀`)

しかし詳しい人はこの理屈を当然のように知ってるようで「みんな緩く締めすぎ」と言ってました
| kazu|
私のロードは、前輪は、手が痛いくらいに閉めないと、激坂下りのブレーキングで前輪が暴れることがあり、目一杯閉め込んでます。
後輪の剛性?と思いましたが、そういやチェーンは、偏心して付いてますね。
ということは、軸も中空で太いほうが剛性があり、軽くて良いようですね。嫁さんのDURA ACEの軸は、太かった。
| パンちゃんパパ|
パンちゃんのぱぱさんへ

軸と言うのはクイックの軸の事でしょうか、それもあるかもしれませんが、ハブの軸の太さもあるとあると思います。

マビックのハブは軸が細いですが、カンパは太かったはずです、年式や型式にもよるでしょうが
| kazu|
ボルトにした場合でも手動で簡単にという仕組みが知りたいです。

体感できるほどの違いがあるのは大きいでしょうね。

| tac-phen|
タクフェンさんへ

リンク先の記事に写真が載ってるので、そちらを参照お願いします( ´∀`)

論より証拠と言いますが、明らかに差があったようです。
| kazu|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
管理者の承認待ちコメントです。
| -|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1126
トラックバック