自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< クロスバイク最軽量モデル、ジャイアントエスエープAIRLTD | main | ホイールハブは回転性能?重量?メンテ性? >>
手組みホイールのパーツは欠品が多い、購入はお早めに



 約2ヶ月前に「手組みホイール製作」をしましたが、手組みホイールに挑戦するっと宣言し工具を購入してから、実際組み始めるまでに1ヶ月以上タイムラグがありました。

この約1ヶ月間何をしてたか説明していませんでしたが、実はリムが入手出来なかった為、組みたくても組めなかったのです。

マヴィック オープンプロ 約8000円

 初めての手組ホイールは失敗する可能性が高いので、どうせ失敗するなら安い方が良いと思い、2000円台の安いリムを検討しました。

しかし「ヌーボカステ工房のひどいブログ」のカステさんが、リムはホイールの中でも特に重要なパーツで、安いリムで組むと出来上がったホイールが使い物にならないので、お勧めしないと言われました。

その時お勧めされたのがマビックのオープンプロ、このリムが手に入らなかった為に、手組ホイールを始められなかったのです(;´∀`)

 その時の経緯ですが、ネットで売っているお店を発見し注文→「実はこの商品は欠品中でして...輸入品なので次回の入荷がいつになるか分かりません」と言われました。

2件目の店も同じパターンでした(;^ω^)欠品中なら欠品中って書いとけば良いのに…と思いましたね

3件目の店は注文しても音沙汰なし、上記のパターンと思い4件目の店に注文、4件目の店は在庫があったようで2〜3日で送って来ました。

その2週間後に3件目の店からリムが届きました(笑)なので1セット組んだにも関わらず、もう1組オープンプロが余っています(返品するか迷ったが、良いリムなので次回組む用にストックする事にした)

ホイールスミス スポークプレップ 約1500円

 手組ホイールを組む時、スポークのネジ部にグリスを塗ると摩擦抵抗が減り締めやすくなる上、走行時に緩みにくくなります。

その時塗るグリスは、ホイールスミスのスポークプレップ、DTスイスのスポークフリーズが有名です(手組ホイールを製作するプロショップは、スポークプレップの愛用者が多い)

このスポークプレップも輸入商品で、1年以上日本に入荷されなかったそうです(プロショップでは万が一に備えて、たくさん買い貯めしてるそうです)

 他にも「北の女王」の異名を持つ、アルミ最高チューブラリム、ネメシスは1年以上入荷がなかったそうで、今年の10月にやっと入荷されるそうです。

このように手組みホイールに使われるパーツは、輸入される頻度が少なく、欠品になる事が多いようです。

マヴィックのオープンプロは手組ホイールでは、定番中の定番リムなのですが、それでも在庫切れが多く購入までに時間が掛かりました。

 手組ホイール製作の際は、使用するリム・ハブによってスポーク長を決めますが、自分が使いたい長さのスポークが欠品中と言う可能性もあります(算出した値から±1mmなら問題ない)

ハブに関してはシマノは安定して供給がありますが、他メーカーは何とも…(;^ω^)ちなみに振れ取り台・センターゲージ・ニップル回し等の工具は簡単に手に入ります。

 手組みホイール製作に興味がある方は、工具より先にリム・ハブを決めて、そのパーツに合った長さのスポークを確保した方が良いです(工具はアマゾンで頼めばすぐ届く)

手組みホイール製作はマイノリティーなので、パーツの輸入量が少ないんでしょうね(-_-;)欲しいパーツが入荷した時は速攻購入しましょう



|自転車ホイール|02:13|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
確かに手組でやる人は少ないでしょうからなかなか在庫を持たないのでしょうね。

入ってきたら取り合いですねー(笑)
| tac-phen|
タクフェンさんへ

手組パーツに限らず、自転車用品は個人輸入と言うのが多いですからね…マヴィックの純正オイル、スピードプレイのカバーとかも普通の店には置いてませんし^^; かと言って代理店通すと中間マージンが…困ったものです
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1101
トラックバック