自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 2012年9月の走行記録 | main | クランク・BBの取り外し方(ロードバイク編) >>
マヴィックR-SYSフリーハブメンテ(分解・グリスアップ)



 私はマビックの高級ホイールR-SYSを所有しており、現時点で約6500キロをノーメンテで走りました。

しかしマヴィックのホイールは「メンテ頻度を上げる事で性能を維持する」と言う考えだと、プロショップの方が言ってました(その分メンテしやすい構造になっている)

マビックフリーハブのメンテ頻度は、1000キロ以内に1回がメーカー推奨らしいので今回初挑戦しました。

他にもメンテを行ってるブログはあるのですが、端折られてる部分が多く参考になりませんでした(;´∀`)なので手探り状態で実施、正しい方法で出来たか分からないので、メンテする場合は自己責任でお願いします。

スプロケットを外した状態

 まず最初にクリックリリース・スプロケットを外します。スプロケの外し方は「スプロケの着脱方法」を参考にしてください。

左に専用レバー、右が六角

 キャップにホイール購入時に付属していた専用レバーを装着、右に六角を入れてキャップを外します、詳しくは「マビックR-SYSホイールハブ分解」を参考にしてください。

両方六角で右側を緩める

 共回りするのでアーレンキーで左側を固定、右側を反時計回りに回して緩めます、固いので間違ってるのか心配でしたが、グッと力を入れると緩みました。

固定ボルトを抜く

 固定ボルトを抜くと反対側のシャフトも引っ張るだけで抜く事が出来ます。

フリーを抜く

 固定ボルト、シャフトを抜くとフリーを外せます、フリーを手でガタガタっと動かしながら引っ張ると抜く事が出来ます(ラチェットの爪が2個、フリーの中にワッシャーが1枚入っているので無くさないよう注意)

後輪ハブのパーツ一覧


ハブの内部

 一通り分解したモノの何をすれば良いのか分かりません(;´∀`)とりあえずフリー内部・爪・シャフト等を一通り清掃してグリスアップしました

専用のマヴィックミネラルオイルが一番良いのですが、日本では未発売なので個人輸入してる店からしか買えません、なのでシマノのフリーハブ用グリスを使用しました。

爪を入れる箇所

 ココも清掃後グリスアップしました、シマノのフリーハブ用グリスは粘度が低いので、手でサラッと塗る事が出来ます。

溝に爪の出っ張りを入れる(バネが入ってない状態)


爪のバネを穴に入れた状態

 溝に爪の出っ張りを入れたら、バネを穴の中に入れます、爪は2個あり写真の反対側にもう一箇所入れる所があります。

爪を押さえ、フリーを入れる

 爪を両側から押さえてフリーを入れます、入ったら手でフリーを回して取り付け状態の確認をします(フリーの中にスペーサーを入れ忘れないようにしましょう)

せっかくなのでスプロケも清掃

 後は取り外しの逆順で、シャフトを入れる→固定ボルト入れて締める→キャップを入れて締める→スプロケを取り付ける→クイックリリースを取り付けるで完了です。

固定ボルトを入れる時、フリーハブボディ内部に入れたスペーサーを通す必要がありますが、スペーサーが中心に来ないと通せないので、場合によっては手間取る可能性があります。

またキャップを締め込み過ぎると抵抗が増え回転が悪くなります、かと言って緩すぎると隙間から内部にゴミが入ります(堅くなる所まで締めて半回転緩めると良い感じ)

専用ニップル回し

 ついでにホイールの振れ取りも実施、ほとんど触れてませんでしたが1mm程度振れてる箇所があったので修正しました。

 ハブメンテの効果ですが実施前より約15秒回るようになりました、元々使われているオイルよりシマノのフリーハブ用グリスの方が若干粘度が高いのですが、それでも回転は良くなりました。

これがナスカルブ・トリフロー等のオイルなら、さらに回転が良くなる事は分かっていましたが、シールを侵すか否か、耐久性がどの程度か分からなかったので今回は見送りました。

初挑戦のフリーハブメンテ、スプロケ清掃・振れ取りを実施し1時間半掛かりました、やり方が分からなかった&写真を撮りながらやったので、時間が掛かりましたが次からはもっと早く出来そうです。

 ホイールのハブメンテと言うと難しそうなイメージでしたが、実際にやってみると何とかなりますね(´∀`)この調子で色々なメンテに挑戦して行きます。



|自転車メンテナンス|00:13|comments(3)|trackbacks(0)|
コメント
ちょうどいいタイミングの記事です!

スプロケのクリーニングからハブメンテのために工具をそろえようとしていたので実際にやる時は参考にさせていただきます。

六角は5ミリでしたよね?

しかも2本ある方がいいのですよね。
| tac-phen|
素晴らしい記事です。
とっても参考になりましたので、一度やってみたい思います^^
って、K10でも一緒ですよね?w
| めばる君|
タクフェンさんへ

六角は5mだったと思います、片方は固定用なので携帯工具で十分ですよ、もう片方はホームセンターで売ってる六角セットを買えば良いです。

タクフェンさんの使用ホイールが分かりませんが、メーカー・モデルによって構造が違うので、モデル名+ハブメンテでググって調べてから実施するのが無難です。



めばる君さんへ

R-SYSはトラコンプシステムなのでK10とは若干異なる可能性が高いです、おそらくキシリウム寄りの構造だと思います。

K10でググってもダメでしたが、キシリウムで丁寧に解説してるブログはありました、そちらも確認してから実施した方が堅いと思います。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1098
トラックバック