自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< クロスバイク(エスケープR3)のパーツ規格 | main | 足高公園へサイクリング >>
クロスバイクのロードコンポ化(フロントダブル化)



 クロスバイク(ジャイアントEscapeR3)のフロントはリアが28T、ミドル38T、リア48Tと3枚ギアがありますが、ロードバイクの場合は2枚しかギアがありません。

この〇〇Tの数字が大きくなるほど漕ぐのに力が必要ですが、速度が出るようになります(登りで軽くして、下りで重くするのが基本)

ロードバイクの場合はコンパクトクランクがインナー34T、アウターが50T、ノーマルクランクがインナー39T、アウター52Tになります(つまりクロスバイクより漕ぐのに力が必要だが、速度が出るようになる)

しかし重量・剛性的にはロード用のダブルギアの方が有利になるので、同じギア比で漕いだ場合はクロスバイク用のトリプルギアの方が不利になります。

 クロスバイク(ジャイアントEscapeR3)のフロントダブル化ですが、フロントディレーラー、クランク、BBを交換する必要があります。

フロントディレーラーのバンド径は31.8mmなので、シマノのロードバイク用コンポであるティアグラ4500が使えます(約3000円)

 クランクはノーマルとコンパクトがありますが、よほど速く漕げる人以外はコンパクトにしましょう、ノーマルはヒルクライムが辛いです(;^ω^)

クランクもティアグラを使用可能、FC4450が約1万円で売っています(クランクに合わせてBBも交換する必要があり、シマノホローテック兇皀謄アグラを使用可能)

 お店で頼む場合はパーツ代+工賃を払うだけですが、自分でやる場合はコッターレス抜き、BB取り付け工具、クランク取り付け工具、ホローテック取り付け工具等が必要になります。

クランク、BBの取り付け取り外しは問題ないのですが、フロントディレーラーが曲者で、取り付けたモノの変速が上手く決まらなかったりします(;´∀`)

自分で改造して、その尻拭いをプロショップに持って行っても、嫌がる・断られるケースがあるので注意しましょう。

 FD、クランク、BBをロードバイク用に交換する事で、約400g以上の軽量化を図る事が出来ます、また剛性や変速性能も向上します、興味がある方は検討してみてください。




|インプレ・パーツ改造|08:20|comments(0)|trackbacks(0)|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1094
トラックバック