自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 自転車関連メモ8 | main | 2012年8月の走行記録 >>
自転車にマイクロロン、摩擦抵抗の低い人気グリス



 自転車用ケミカルですがオイルはワコーズのメンテルーブ、グリスはシマノのデュラグリス、フリーハブボディ用スペシャルグリスしか持っていません。

前に「マビックR-SYSホイールハブ分解→グリスアップ失敗、グリスの用途調査」を書いた時、コメントで「ヌーボカステ工房のひどいブログ」のカステさんから色々教えてもらいました。

その時話で出てきたマイクロロンに関して簡単に調べたので、メモ用に書いておきます(ナスカルブ、トリフローに関しては別の記事で書きます)

マイクロロンアセンブリールブリカント 約8千円

 マイクロロンは本来自動車用の物で、エンジン内部の摩擦抵抗を減らす効果があります、通な人はコレを自転車のペダル・各ベアリング等の回転部に使うようです。

高性能ですが2オンス(56g)と少量の割に高価なのがネックです、楽天市場では約8千円ですが、アマゾンでは5千円で売ってる店がありました。

メタルトリートメントスプレー 約4千円

 またグリスの他にスプレータイプがあり、塗って熱を加える事で膜を形成して摩擦抵抗を軽減させます(ドライヤー等で熱を加える必要あり、チェーン・スプロケ等に実施)

マイクロロンを使っている方はメンテに精通した人が多く、ホイール組みからフレーム組みまで一通りのメンテが出来る方がほとんどです。

私自身教えていただくまでマイクロロンと言うのは聞いた事がありませんでした(;´∀`)メンテ関係はどちらかと言うと疎い方なので

 他にも自転車用ケミカルはありますが、使用後明らかに走りが軽くなるので、コレ以外は使う気にならないと言う愛用者もいます。

ロードバイクで使う場合のデメリットとしては防水性の低さがあります、晴れの日しか走らないと言うローディは良いですが、ブルべの場合は雨天走行が多いので使用するか判断が難しい所です。

またコメントで「短いスパンなら良いけど、長いスパンで使うとアレ」と教えていただきましたが、3年以上グリス入れ替えなしで使用した場合、硬化してダメになったケースは見つかりました。

仮に1〜2年の場合どうなるのか?と言う事が知りたかったのですが、それに関する記事は見付かりませんでした(;´∀`)1〜2年のスパンなら問題なく使用出来る気もしますが

 ネットで調べれば分かりますが自動車の場合は、メリット・デメリットがあり賛否両論の状態みたいです(自転車の場合は問題ないと言う人が多い)

本来自動車用のマイクロロンを使うかどうかは自己判断ですが、使用してる自転車店もありますし、信頼できる数名の自転車ブロガーさんが良いと言ってるので、大船に乗った気持ちで使えそうです。

続きの記事→「防水性の高いトリフロー、自転車通勤・ブルべに最適のグリス



|自転車オイル・グリス|20:35|comments(8)|trackbacks(0)|
コメント
ケミカルは使ってみないと実際の効能はわからないですからね


わたくしも色々と試してはいます。
回転系のグリスには会社で拝借してきたS越社の物を使用してい
ますが、中々の好感触で御座います♪

まぁ、ただでしたし(笑)
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

ケミカルは宗教らしいですよww自動車の場合は特にそうですよねw

信越シリコンのシリコングリスですか?アレはシマノ純正シリコングリスとほぼ同成分で、価格が安い上に量も多いので代わりに使ってる方もいます(´∀`)
| kazu|
ケミカルはプラシーボ効果の方が大きい様な気がして、難しいですよね。

なんといってもエンジンの出力(人力)が一定ではないですから、シマノのグリスと言っても自社で作ってはいないので、OEM元のメーカー使った方が値段も安く量も多いですし、自動車業界もそうですけど自転車業界もワコーケミカル信者は多いですね(私は使っていませんが)

| けん|
けんさんへ

交換直後は明らかに軽くなってるので効果が分かりますが、100キロも走ったら軽さに慣れてしまうのか何とも感じなくなりますね(;´∀`)

ワコーズは自動車の方が有名ですよね、自転車で使ってる人もいますが、一時に比べると減った感じがします。
| kazu|
こんばんは、ケミカル系は種類が多くていろいろ悩みますよね。
僕はケミカル類は仕事の関係上ワコーズとは直接取引できるので、ほとんどワコーズのものを使ってます。
ただ、チェーンオイルについてですが、自分でチェーン交換できる人ならチェーン交換時にマイクロロンでコーティングするのはかなり有効だと思います。
明らかにペダルを漕いだときの滑らかさが変わりますし、オイルメンテの頻度も劇的に減ります。
雑誌やネット上でも多くの人が紹介してるので、すでに知っているかとは思いますが、僕も基本無精でなるべくメンテの頻度は減らしたいと思っているので、この前自分でチェーン交換するときに試しましたけど一度試してみる価値はあると思います。
ワコーズのメーカーの人が言うにはドライヤーなどで暖めたチェーンやカセットにワコーズのバイダスドライをかけても成分的には同じ効果が得られるはずだと言ってましたけど・・・こちらはまだ試してないので何ともいえませんw
ハブのグリスは完成車についてたホイールに同じくワコーズのLCG-EPの0号(会社にあったので、ただで使えたからw)を試しましたが、こちらはまだ試走してないけど、空転させたときの回転は良い感じです。
試走してみないと実際のところはわからないと思いますけど、参考程度に聞いて貰えれば幸いです。
| やま|
やまさんへ

他にもフィニッシュライン、レスポ、イノテック等言い出したらキリがないですよね(;^ω^)

メンテ頻度が減らせると言う事はマイクロロンでチェーンコーティングした後は、注油はしなくてもOKと言う事でしょうか?

もしそうだとしたら無精者の私にはピッタリですw走行性能も良いみたいですしまさに一石二鳥( ´∀`)bグッ!

コーディング方法を書いてる記事はありますが、その後の事まで書いてる人はいなかったような…ガッツリ探せばあるのかもしれませんが。

ハブのグリスはよく分からないんですよね、ハブを分解した事がないので(;・∀・)回転部なのでトリフローのように防水性の高いグリスが良いのか、走行性能を取って粘度が低いグリスが良いのか、また調べて見ます。
| kazu|
マイクロロンでチェーンコーティング後のことまでは確かにあまり書かれてないですよね、前に何かの本で少し走ってみたらオイルなしでも非常に滑らかで問題なく走れたようなことを書かれていたのは見ましたけど・・・問題の耐久性やその状態がどれぐらい維持できるかまでは書かれていなかったですw

僕の場合は毎日の通勤で1日40kmと休日に100km程度、乗らない日が月に5〜8日程度で雨の日の通勤がなかった場合でワコーズのチェーンルブを月に1回程度かけている感じですが通勤で使わない人なんかならもっとサイクルをのばせると思います。
月に1度の給油も別にオイル切れを感じてではなくチェーンの寿命のために念のため月に1度は給油してる感じです。
通勤で使わない人やローラーが多い人なんかの場合はフィニッシュラインのドライ系オイルでももっと長いサイクルで使えると思います。

ちなみにマイクロロン施工してない頃は天候にもよりましたが月に2回以上は給油してましたので今現在は以前の半分以下の頻度ですんでいます。

ハブグリスはホイールの用途で分けている人もいますね。
決戦用には回転性能重視でマイクロロン、練習用には耐久性重視で耐水性の高いグリスって感じで複数のグリスを使い分けてる人も結構いる感じですね。
僕個人の意見としてはブルベやセンチュリーライドなどのロングライドやポタリングメインでのんびり楽しくなら耐水性の高いグリスの方が絶対良いと思います。
マイクロロンは回転はすごく良いみたいですけど・・・雨の中を1度走ったら終わりで、ばらしてグリス交換してから次は走らないと焼き付く恐れがあるそうです。
1発勝負のレースなら良いですけど、手間を考えると普段使いにはコストを考えても向かないと思います。
| やま|
やまさんへ

マイクロロンでコーティングした後も注油する必要があるか否か、注油するオイルの種類によってコーティングに悪影響を与えないかどうか。

この辺りが詳しく知りたいと言うか、ここが分からないと導入に踏み切れません(^^;)コート直後の走りが軽くなるのは分かりますが、数100キロしか効果が持続しないとなると完全レース用になりますし…その先まで踏み込んだ記事があればな〜と思います。

マイクロロングリスを使うかどうかは雨の中走る頻度によりますよね、私の場合天気予報を見て怪しそうな日はローラーを漕ぐので、雨天走行は三年で数回しかありません、なので試しに使ってみたい気もします。

ハブメンテをやってみてどの程度時間と手間が掛かるかによって判断しようと思います。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1074
トラックバック