自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 完組ホイールのスポークテンション調査 | main | 2012~2013年度版ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け!の感想 >>
ミシュランPRO4対コンチネンタルGP4000S比較インプレ



 今まではコンチネンタルGP4000Sを使用してましたが、「ミシュランPRO4サービスクルス」に交換後、実走に行ったのでインプレを書きたいと思います(距離74.0キロ 獲得標高362m)

コンチネンタルGP4000Sとの比較ですが、このタイヤを使った事がないと言う方は「コンチネンタルGP4000Sのインプレ」を閲覧お願いします。

ミシュランPRO4サービスクルス 約4500円 200g

 前モデルのPRO3レースは転がり抵抗が良いにも関わらず、グリップ性能も良い事からクリンチャーの中では最強とまで言われたタイヤです(ただし耐久性、耐パンク性は低い)

PRO3、4共には硬くてタイヤの着脱がしずらいと言いますが確かにタイヤは硬いです、普通のリムなので問題なく装着出来ましたが、チューブレス対応2Wayモデルだと苦労すると思います。

ミシュランPRO4 比較図

 図のようにPRO3レースよりも走行性能が若干上で、頑丈性が飛躍的に向上したのが今回インプレするPRO4サービスクルスになります。

・漕ぎ出しの軽さ→軽くなった
・ヒルクライムの走り→軽くなった
・乗り心地の良さ→差は感じない
・グリップ性→良くなった
・転がり抵抗→良くなった
・耐久性&耐パンク性→ここが最大の焦点

 漕ぎ出しの軽さ、巡航時、ヒルクライム、全てにおいて走行性能が高くなった印象を受けました、GP4000Sも良いタイヤなので違いは分からないと思いましたが、すぐに差を実感出来ました。

乗り心地の良さはあまり変わらない印象を受けました(タイヤの空気圧は両方とも7.5)、ミシュランPRO4は6〜8気圧が推奨空気圧なので、もっと下げれば良いのかもしれませんが、私はどのタイヤでも7.5で乗ってるので変更するつもりはありません。

グリップ性能も良くなってます、コーナリングでの安定感が違うので、これもすぐに差を実感出来ました(ウェット時のグリップ性能は不明)

 GP4000Sも全体的な性能は高いのですが、PRO4はさらに走行性能・グリップを高めた感じがします、個人的にはかなり気に入りました(´∀`)走行性能はクリンチャーの中で最強と言うのも納得

ややロングライド向けのサービスクルスでこの性能だと、ややレース向けのコンプサービスクルス、決戦用のコンプリミッテッドサービスクルスはすごい事になりそうです。

 走ってて「なんでこんなに良いタイヤを早く使わなかったのか?」と思いましたが、PRO4には大きな懸念事項があるのを忘れてました(;´∀`)それは耐久性・耐パンク性です。

ミシュランPRO3レースの時は3000キロ持ったと言う方もいましたが、仲良しブロガーさん内では1000キロ以下でダメになったと言う方が多く、フルブレーキ1回でタイヤがベロッと剥げたと言う方もいました。

なのでPRO3レースは走行性能は最強だけど耐久性0の決戦用タイヤと言う感じでした、これがPRO4サービスクルスでどこまで改善されているかが焦点となります。

 またタイヤの持ち具合と言うのは個人差が大きいので、自分にとってどの位持つのかと言うのが大事になってきます。

コンチネンタルGP4000Sは現時点で約4300キロ走り、パンク0、サイドカットもありません、一人ブルべ400、600も完走したので安定感は抜群です。

もしミシュランPRO4サービスクルスが4〜5000キロ走り、パンク0だったらクリンチャー最強の座を得る事になりますが、1000キロ以下でダメになるようなら ┐(´∀`)┌ヤレヤレ と言う感じです。

2ヶ月後には1000キロを確実に超えますし、途中でパンクする事があれば記事にするので続報をお待ちください。




|インプレ・パーツ改造|14:44|comments(6)|trackbacks(0)|
コメント
始めましてYabooと申します。
PRO4の耐久性・耐パンク性について、ご参考までに
私は、2月にPRO4SC(WH-6700)に履き替えてから、丁度6カ月です。月に500〜700km程度なので、既に4000km弱は走りました。走り方は、平地(30km/h弱で巡航)7割、峠3割といったところでしょうか?
その間、先月までパンク無しだったのですが、ガラス片か何かを踏んで後輪がパンク。その機会に、後輪が台形に減ってきていたので、前後をローテーションしました。
この感じだと、あと2000〜3000kmはいけるんじゃないか?と楽観的に考えています。
ま、ヘタレな走り方をしてるのであまり参考にならないかもしれませんが、よろしくお願いします。
| Yaboo|
YAbooさんへ

走行性能も良いですし、それだけ持てば主力タイヤの座は間違いなくPRO4の物になりますね( ´∀`)

PRO3の時もそうでしたが中には持つと言う人がいるんですよね、GP4000Sも人によっては2000キロ前後でサイドカットしてダメになると言いますが私はかなり持ってますし。
| kazu|
わたくしは安いので未だにPRO3の処分品を見たら買ってしまう
のですが、PRO4には期待している次第です♪

因みにわたくしのPRO3は5000kmで2セット目がOUTっぽい感じ
なので3セット目に突入する勢い・・・
この辺がPRO4では改善されていれば良いのですがねえ(耐久)

4000Sは素晴らしいタイヤですが、やはり走り比べてPRO3の方
がわたくし的には好きですからPRO4のレース寄りのタイヤと
いうのが非常に気になります(-_-)
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

PRO3も一度使用してみたかったのですが、タイヤは生ものなので処分品を買うのも微妙ですし、他の方のインプレを聞いた感じ手を出すのは怖いですね(;´∀`)

図によると私が使用したややロングライド寄りのモデルでもPRO3レースより性能は上ですからね、PRO4のレース寄りのタイヤはかなり高性能なのではないでしょうか。
| kazu|
前述の方と同じくWH-6700でPRO4SCが6本目です。
パンクは2回。
1回目は交通事故後の異物踏み付けでサイドカットで交換。ただこの時は自分以外も4人がその場でパンクしていました。
2回目はコーナーを曲がりきれず山道に侵入しサイドカットで交換。
1度目の交換は4,000km弱で台形になったので交換しました。
上記のパンクについてはレアな様な気もするのでパンクには弱くないと思います。
欠点はビートが硬いのかやたらハメにくい。自分も素手でハメたのは1回だけ。お店の人も友人も素手では無理でした。
でも気に入ったのでしばらくはコレです。
| toppo|
toppoさんへ

4000キロですか〜結構持つんですね、後は自分がどのくらい持つのかが勝負ですね(´∀`)

記事内にもありますが2wayモデルだと苦労するでしょうね、普通のリムの場合GP4000Sより硬いと言うのは感じましたが、取り付けは難なく出来ました。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1064
トラックバック