自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ホイール手組み(振れ取り〜完成まで) | main | 自転車パワートレーニング用語集 >>
手組みホイール対R-SYS比較インプレ



 「ホイール手組み(振れ取り〜完成まで)」で書いた通り、手組ホイールはリムがマビックオープンプロ、スポークがDTスイスチャンピオン、ハブが105で合計重量1847g、金額は約2万8000円

対するマビックR-SYSは1390g、定価は15万7500円、走行距離は6500キロ、詳しくは「高級ホイール、マビックR-SYSのインプレ」を参照してください。

 いきなり外を走るのも怖かったので3本ローラー台でシェイクダウン、漕ぎ始めるとスポークからパキパキ音がします(なじみが出てる証拠)

巡航速度で漕ぐと上下方向に周期的な微振動があり「もしかして縦振れのせい?」と思い、振れ取り台で調整すると綺麗に走れるようになりました(3本ローラー台は路面が一定&綺麗なので、縦振れが分かりやすい)

早く乗りたいからと適当に振れ取りをしたのがまずかったようです(;^ω^)縦振れと言われてもピンときませんでしたが、今回の件で走りに与える影響を肌で感じる事が出来ました

手組みホイール装着

 3本ローラー台で問題ない事を確認後(MAX95キロ以上出しても大丈夫だった)実走に行きます、走行距離は85.7キロ、獲得標高は351m、もしもに備えてニップル回し携帯で走りますw

まず漕ぎ出しの軽さですが手組ホイールは明らかに重いです、アルシスとの重量差457gが確実に効いている感じがしました。

 ただ平地巡航時はフライホイール効果?スポーク太さの違いからくるエアロ効果?走行距離6500キロにも関わらずハブをメンテしてないから?など詳しい原因は分かりませんがやや手組みホイールが負けてる程度です。

ちなみにフライホイール効果と言うのは、回転運動において慣性モーメントが大きいと回転し続けようとする現象の事で、重量が重いホイールの利点と言われます。

手組みホイール前輪

 ヒルクライムも手組ホイールの方が明らかに重いです、ただダンシングした時は剛性感があるので、剛性差より重量差が効いている感じがしました。

R-SYSでヒルクライムを登る時より、余計に足を使うので疲れが溜まります、これでブルべ400、600キロを走ったらDNFになりそうです(;^ω^)

 ダウンヒルでも特に問題なく走れました、詳しい数字は伏せますが、下りは重いホイールの方が速いと言う説もあながちウソではないな〜と思えるくらいのMAX速度でしたw

ただ本格的な峠を登ったわけではないので、ダウンヒルで連続コーナーを攻める事はありませんでした、なのでキッチリラインに乗せれるかどうか現時点では分かりません。

 乗り心地は手組ホイールが下、手組ホイールは一般的に乗り心地が良いと言われますが、R-SYSも乗り心地の良さには定評があります(凹凸での衝撃は手組の方がやや大きく感じる)

これはスポークテンションの影響を受け、約100kgfで組んだ方は乗り心地は良いと言ってました(今回はフロントが約105kgf、リアフリー側が約105kgf、反フリー側は約60kgf)

ロングライドの疲れ方は衝撃吸収性だけでなく、重量差も効いて来るので十中八九R-SYSの方が疲れにくいと思います(重いとヒルクライムで確実に体力を削られる)

手組ホイール後輪

 手組みホイールを褒めたい所ですが相手が悪すぎましたね、R-SYSに勝ってるのは空力、価格の安さ、強度くらいでしょうか…まあ平地巡航時・衝撃吸収性に関しては悪くないと思いますが。

これが同価格帯のカンパカムシン、フルクラムレーシング7、マビックアクシウム、シマノWH-RS30A等と比べたら手組みが上だと思います(プロが作っても10万以上の完組に勝つのは難しいが、8万以下なら手組が有利と言われる)

 ただ単に手組ホイールを使ってみたいと言う人はプロショップ一択でしょう、プロに組んでもらった方が出来が良いですし、製作の手間も省けます(工賃は前後で約1万、別途パーツ代)

しかし自分で組んだホイールのような感動やワクワク感はないでしょうね、苦労した分無事に走行出来た時の嬉しさはプライスレス(´∀`)

ロングライド、山岳コースメインの時は従来通りマビックR-SYSで走り、それ以外の時は手組ホイールで走ろうと思います。

今後はパーツ構成を変えて色々なホイールを組んでみたいですし、フレーム組みにも挑戦して、一通りのメンテが出来るようにする予定です(`・ω・´)

手組ホイールシリーズの目次→「手組みホイール製作手順




|自転車ホイール|16:30|comments(4)|trackbacks(0)|
コメント
いよいよ実走されましたか。

その感動はひとしおでしょうね。

平地巡航時のほうが効果が出るのですね。

微妙な調整はやはりプロに任せるのがいいのでしょうか。

そのあたりの感覚を知りたいですね。
| tac-phen|
タクフェンさんへ

やはり自分で組んだホイールと言うのはひと味違います( ´∀`)ホイールでこれならフレームはもっと…

調整…振れ取りに関しては時間を掛けて丁寧にやれば高い精度は出せます。

プロは仮組みの時一工夫するそうですが、その内容や使用工具は企業秘密みたいです(^^;)なので見た感じは同じ6本イタリアン組でも性能に差が出るようです
| kazu|
手組完成&テスト走行無事完了おめでとうございます♪
これでフレーム組もしだしたら万が一の際の対処はバッチリですね(^_-)

| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

ありがとうございます(´∀`)

フレーム組は勇気要りますよね、工具揃える金も要りますしwメンテ系は弱い方なので苦労しそうですが、いつか挑戦しようと思います。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1059
トラックバック