自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< 振動吸収性が良い自転車=縦剛性が低い=疲れにくい? | main | ロードバイクの選び方 >>
ミニベロの選び方



 ロードバイクと違ってミニベロは走行性能、重量等では決められない難しさがあり、参入しているメーカー・ラインナップも多いので、どれを買えば良いのか迷ってしまいます。

まず初めに自分がミニベロに何を求めるのか自問自答してみましょう、走行性能?重量?折りたたみ時のコンパクト性?デザイン?価格?総合力?

 ある程度自分の中でミニベロに求める物が決まったら、折り畳み式or折りたためないタイプか選択します。

この2種類にどのような違いがあるかは、前に書いた記事を参照してください→「ミニベロ買うなら折り畳み式?折りたためないタイプ?

 次にタイヤの大きさを決めましょう、18インチ、20インチ等の大きなサイズから、6インチ、8インチと言った小さなサイズまであります(20インチにも2種類あり、406、451がある)

大きい方が巡航が楽になるので、スピード維持がしやすくなりますが、コンパクト性を考えると小さなタイヤの方が有利になります。

同じように前輪〜後輪までのホイールベースが長くなると、ミニベロ特有の走行中のふらつきが減りますが、コンパクト性は悪くなります。

ブロンプトン

 次にどのようなサスペンションが使われているかを見ましょう、ミニベロはホイールが小さくなるので、衝撃吸収性が悪く硬い乗り心地になります。

そこで乗り心地を良くする為にサスペンションを設けてあり、大きく分けて前のみ・後ろのみ、前後共にある3タイプに分かれます。

サスペンションがあれば乗り心地が良くなりますが、漕いだ力も吸収してしまうのでパワーロスが大きくなります。

なのでブロンプトンを購入するなら、サスペンションは硬めのタイプに交換した方が良いと言われました。

 フレームの素材もロードバイクのようにアルミ、クロモリ、カーボン等がありますが、輪行時にぶつけたりする危険を考えるとアルミ、クロモリが良いと思います(カーボンは気を使う)

ただ重量が重すぎると、駅の入り口から電車に運ぶだけで一苦労と言う話も聞きます、特に女性の方は重すぎると運べない可能性があるので要注意です。

BD-1


 次に変速数・ギア比です、自転車は登り坂、向かい風のように負荷が掛かる場面では軽く、下り坂、追い風のように負荷が減る場面では重くギアチェンジをするのが基本です。

ロードバイクの場合は18段〜22段変速が基本で、クロスバイクは21〜27段変速が基本ですが、ミニベロの場合は3段変速もザラです(変速付きのママチャリレベル)

ブロンプトンは純正で3段変速ですが、改造すれば5段変速、5段変速×2の10段変速も可能のようです(BD-1だと純正で9段変速)

またミニベロはタイヤの小ささをカバーする為、フロントのギアを大きくする傾向があり、中には56Tとかもあります。

大きいと一漕ぎあたりに進む量は増えますが、その分一漕ぎあたりのパワーが多く必要になるので、大きければ大きいほど良いと言うものでもありません。

 最後にハンドルの形状ですが、クロスバイクのようなフラットハンドル、ロードバイクのようなドロップハンドル等があります。

ロングライドの場合は手の位置を変える事が出来るドロップハンドルが有利ですが、折りたたんだ時に邪魔になる事があるので、純正ではコンパクト性を重視してフラットハンドルを採用するケースもあります。

 ミニベロで軽く20〜30キロ程度走るなら何でも良いのでしょうが、輪行して県外を1日100キロ以上走るようなケースを想定すると走行性能が重要になって来ます。

普通に走るだけならクロス・ロードバイクで良い訳ですから、自分はミニベロで何がしたいか、何を求めるかを自問自答して、失敗のない買い物をしようと思います。



|ミニベロ・シクロクロス|23:13|comments(2)|trackbacks(0)|
コメント
失敗のない小径という時点でほぼブロンプトンであることは間違いないでしょう!

あの折り畳みを一度経験するとたとえ[もう少し走る小径が欲しい]となっても・・・これは取り敢えず置いて置こうか♪となります。

確かにヤフオクなんかでうりもみかけますがわたくしの周りではブロンプトン要らなくなったので売却したという話は聞いた事がありません(再度ブロンプトンを買い直す人は居ますが)

走らない部類の小径ですが失敗のない自転車・・・それがブロンプトンです♪(*´ー`*)
| イヨッキュ|
イヨッキュさんへ

あのコンパクトさは他にはないですもんね、家に置いてても邪魔にならないし、やはり第一候補はブロンプトンですね。

改造は必須みたいですが、カスタムすれば結構走るようにも出来るそうですし。

ブロンプトンでガッツリ走る人も少ないのでしょうが、どのくらい走れるんでしょうね、クロモリだから5年以上行けそうな感じもしますが。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1035
トラックバック