自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

<< ミシュランPRO4サービスクルス購入 | main | ミニベロ買うなら折り畳み式?折りたためないタイプ? >>
カーボン割れ補修追記分、クロスの貼り方、加熱・加圧・研磨



 「カーボンフレームの割れ補修完了」の記事を書いて1年半近く経ちました、私の他にもカーボンフレームを割る方はチラホラいるようで、当サイトの記事を参考に自己責任で補修した方もいるようです。

当時はカーボン補修に関する知識がなく、グーグル先生+仲良しブロガーさんの助言で補修を行いました。

時は流れ当時に比べるとカーボンに関する知識が増えてるので、追記分として今回の記事を書きたいと思います。

 以前書いた補修方法で抜けている行程として加熱・加圧・研磨があります(一連の流れに関しては冒頭のリンク先を参照してください)

まず加熱に関しては熱を加えながら加圧する釜(オートクレーブ)がありますが、設備費から考えてセルフ補修には向いてません(釜を購入するなら業者に頼んだ方が良い)

某ブロガーさんが「小さなカーボンパーツなら炊飯器で加熱出来るのではないか?」と言うアイデアを提案してましたが失敗したようです(;´∀`)仮に成功したとしても、フレームの場合は入りきらないので専用の釜じゃないと無理ですね(加熱に関しては個人レベルでやるのは厳しい)

実はこの状態+ロックタイで固定してた

 次に加圧に関してですがカーボンクロスをエポキシ樹脂で固める際、圧力を掛けながら固めると余分な樹脂がなくなるので、より強固に補修する事が出来ます。

加圧方法ですが手でやるとエポキシ樹脂が固まった時に手が離れなくなるのでNG(樹脂が硬化するまで30〜40分、完全に固まるには一日掛かる)

 「カーボンフレームの割れ補修は想像を絶するほど難しい」には書いてないのですが、巻いたカーボンを固定する為に、写真の状態+インシュロック(ロックタイ)を使いました。

樹脂が固まった後にニッパーで切ればカーボンクロスは付いて来ません、加圧のつもりではなかったのですが結果的に多少の加圧になってたようです。

また某ブロガーさんはビニールテープで樹脂を押し出しながら加圧・固定をしてました(文字で書くと簡単だが難しいらしい)

真空で加圧すれば効果が高く、小さいパーツなら布団圧縮袋に入れて、樹脂が固まるまで掃除機で吸い続ければ良いのですが、フレームは大きいので専用設備がないと厳しいです。

研磨なしでそのまま塗装

 最後に研磨に関しては補修前と途中で行います、補修前にクラック周辺の塗装を研磨する事で、カーボンクロスの付きが良くなります(これをしないと塗装の上から張る事になる)

途中の研磨に関しては知識はあったのですが当時は実施はしませんでした。

「削るとせっかく貼ったカーボンクロスがボロボロになるのでは?」と思い、研磨せずにそのまま塗装しましたが、細かい目の紙やすりで削った方がよいそうです。

一番良いのは割れた箇所周辺を研磨→カーボンクロス積層→エポキシ樹脂硬化→研磨を一枚毎に行う方法で、時間は掛かりますが補修による太さの増加を最小限にする事が可能です。

ちなみに塗装に関してですが、クリア塗装をすれば新品同様の光沢感を出す事も可能です(一口に塗装と言っても技術によって、完成度にかなり差が出る)

 セルフ補修は自己責任になるので、フレーム交換・業者へ委託が一番ですが、もし自分で補修する場合は加圧はしておくべきです(強度向上+カーボンクロスをピッタリ巻ける為)

加熱は設備的に難しいし、研磨は見栄えを気にしなければ飛ばしても問題ないと思います(これらの工程を飛ばしましたが、現時点で約1万4000キロ走れてる)

加熱・加圧に関しては現在模索中と言う感じなので、アイデア次第でさらに効果的に補修出来そうです、意外と身近な所に良いアイデアが眠っているかもしれませんね( ´∀`)b

【追記分】

 私はカーボンクロスを積層させる時に同じ角度で積層させましたが、角度をずらしながら積層させると伸びが向上するそうです(具体的には直角に90度で貼る→45度で貼る→90度貼る)



|カーボン割れ補修|09:24|comments(6)|trackbacks(0)|
コメント
おはようございます。

カーボン補修は出来ればお世話になりたくないですが、こういう記事はすごく参考になります。

しかし、kazuさんのパワーで踏んでも十分なくらいに補修出来るんですね。
| ぽてと|
ぽてとさんへ

補修記事の世話にならないに越した事はないですからね(^^;)

専用設備なし、似たやり方でカーボンフレームを自作してるブロガーさんがいますが普通に乗れてます。

割れ範囲にもよりますが個人的にはドライカーボン補修でも強度的には問題ない気がします。
| kazu|
なるほど皆さん創意工夫されてるんですね。

ただ補修後の強度はどうやってチェックされるんでしょうか?

ちょっと怖い感じもします。

ブログランキング、ポチリ。
| tac-phen|
tac-phenさんへ

強度計算出来ますよ(´∀`)詳しくは冒頭のリンク記事から見に行ってください

自作組は設計書とか書いて強度計算してますが、私はザックリでしたwwその分定期的な点検はしてます(`・ω・´)
| kazu|
はじめまして。

先週から毎日ブログを拝見させて頂いております。こんなにわかりやすく書いて下さって、感謝感激です||私も明日からこの手法と同様に施工していきたいと思います。ありがとうございます。
| ぴよひこ|
ぴよひこさんへ

この記事に書いてる通り、私の補修記事だと加圧、研磨が抜けているので、その点に関しては他のサイトで勉強してから実施する事をお勧めします。

また塗装も他サイトでクリア塗装を使い、エアブラシなしで新品と見分けが付かないレベルにしてる方もいました。

セルフ補修は自己責任になるので注意してください、また補修後の定期的な点検をお忘れなく。
| kazu|
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bike.ewarrant.net/trackback/1014
トラックバック