自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

自転車関連メモ17



 自分用のメモです、コメントはお控えください

スピプーのナノグラムゼロ、あいつだけは別格。カーボンクリート、セラミックベアリングを搭載。シャフトは削りこまれて、ほかのシリーズのようなペダルレンチを噛ませる部分が無い。クランクに止まる、ネジの頭も最小限。ウィギンスはツールも、オリンピックもたしかナノグラムゼロ

リム剛性は全然違いますね。ハイトの違いもありますし、素材の違いもあって、ENVEの方が段違いにリム剛性が高いです。 さらに20本も張ってるから縦方向は凄い。16Hは30mmで作る人が多い、レース出場多数、ハイト30mmはないとキツイ

縦剛性が無いリムで24本はキツイ、縦がしっかり確保できるリムなら24本でも十分足ります、平リムで24本ってのはさすがにアホだと思います。リアのフルラジアル普通に進むらしいです。このあたりに色々ヒントがあったりします。 って事はオープロで24はNG、フルラジアルはやってみよう

安田大サーカス・団長、プロロードレーサー目指す! “芸人初”の実業団選手

フジのソラ組の低価格帯ロードのSTIレバーが取り付けトルクが強過ぎてことごとくブラケットが割れてる。ネジ部じゃなくてブラケットのサイド側のハンドルと接する部分の割れ。知り合いのお店でも3/3(100%)割れてるのが確認されたので、取扱店は注意されたし

リムハイトが高くて本数多くてテンション高いのが最高スペックってことになる。でもこれは剛性要因だけでの話。おそらく過剛性バリバリで使えたもんじゃない。リムハイトが低くて本数少なくてテンション低いとNG.するとリムハイトを高くすれば本数を少なくできるってことがわかって、ロープロファイルだと本数が要るってこともわかる。

ENVEが150、コリマ150、テンション低いコリマはゴミ、リム剛性どうこうよりスポークテンション大事

sapimのCX-Ray等の高級スポークでも、130〜150くらいで捻りに負け始めます。そういう点で童貞のニューエアロは良かったかも知れません。テンション200以上でも捻りに負けません。

ブレーキが効くってのは良いように思えるが、フロントフォークがカスだと制動力に負けちゃうんだよな。エントリーロードにデュラだと逆に安定性落ちたし。マスターどうだろうな、9000ブレーキ付けれるか怪しいかもしれん。上位カーボンは間違いなくいけるけどな。ココをどうにか判別出来ないものか

もしカーボンに乗るのであればトップ530とかで1200g以上のセカンドからサードグレードのフレーム。30万とか40万のフレームの寿命(美味しい時期)なんて本当に短い。それこそ美味しい時期がグランツール期間中だけ持てば良いみたいな事を言われるぐらい

 ハブもマホガニー積層体のパイプで形成され、中に金属パイプはない。木製パイプの両端にいきなりNSKの高性能ベアリングが固定されている

ディスクブレーキによりリム本体へのダメージを防ぎ、Sanomagicマホガニーリムによる軽さ・スポークテンションのアドバンテージを得る。Sanomagicは元来木造艇を制作する佐野さんの工房である。数十年海に浸かっても問題ないニスで仕上げるため耐候性にも何ら問題がない。

Sanomagicリムは継ぎ目がない(かもしくは均等に分散されていて弱点が一ヶ所に集中していない)上に凄まじい強度を持っているので、推定100kg以上でスポークを引っ張っても平気な世界で初めての、唯一の木リム。お値段もすごいけど。

基本的に手間賃もさることながら材料費がクソ高いので、リムハイトに因るんですよね。最も大きいサイズのディープ・だいたい50mmくらいで1本30万くらいします




|自転車メモ|16:35|comments(0)|trackbacks(0)|
自転車関連メモ16



 自分用のメモです、コメントはお控えください

8630:C0.41 Si0.27 Mn0.83 P0.017 S0.012 Cr0.7 Ni1.53 Mo0.13 753:C0.28 Si0.2 Mn1.41 P0.012 S0.004 Cr0.16 Ni0.086 Mo0.15 。コロンバスELとかCが0.15

マスターXの530 フレーム1697g、798g。フレーム単体重量 実測で 1060g フォーク重量 420g 自分のルーベSL3の540

 ターマックが固さ100点。体力の吸い方は半端ないです。軽さはキャノンデールのスーパーシックスが100点です。そのかわり寿命が短いです。バネ感はコルナゴ・C59が100点。でも機敏さに欠けます。乗り心地はルックの566が100点ですが、その他の項目でハイエンドに勝てません。

ねじれ剛性の値(Nm/deg)で並べたものだ。数字が大きいほど優秀ということだ。 118:スペシャライズド S-works Tarmac SL4  91:ピナレロ ドグマ 88:サーベロ RS  81:トレック マドン6.9 SSL

フレームモジュールシステム重量(g)数字の小さい方が優秀ということだ。 1995:スペシャライズド S-works Tarmac SL4 2057:トレック マドン6.9 SSL 2081:サーベロ RS 2674:ピナレロ ドグマ

2013年、PAXCYCLEは愛三工業の平塚選手のサポートを発表させていただいておりますが、2人目としてマトリックスパワータグの藤岡徹也選手をサポートする事を発表させていただきます。

同じ外形のボルトを、鉄からチタンに変えるだけで剛性アップってのが胡散臭い。ヤング率は倍近く違うからむしろヤワくなるはずなのに

ちなみにライトウェイトのスポークが折れた時は本国送りで直してくれます。正規で買って本国のユーザー登録してないとダメですけど

PAXのリム原価ベースで計算しても使うカーボン(それこそ東レと中華製)とプライ数(重ねる枚数※ようは人件費)で全く同じ外側でも金額だと2倍近く違ったり、、、中華+プライ数減らせば超軽くて安くて精度の悪くて剛性のないリムが出来ます

MAVICのFTS-Lは駆動しててフリーが空転しない状態だとベアリング2個分の摺動抵抗しか発生しない良いハブ。普通のは大体4個。そんでもってリヤハブのベアリング間距離がすごく広いからあの細いシャフトでも大丈夫なんだろうな。

青クリート前側のフローティング角が1度のタイプです。黄色のSM-SH11は3度です。

195gのEDGE1.25と250gのENVE1.25、組んだ感じは変わんないかEDGEの方が硬いかもって感じ。スポークテンションがEDGEは150/fだったけどENVEは140kg/fだし。まぁ、EDGE1.25は溶けちゃうけどね。

玉押しを回して玉に遊びがないように調整することから来ている。最後の微調整は、1/10 回転程度となる。

フランジが剛体であれば、スポーク角度が大きくなるラージが横に強いのは当たり前です。しかしそう簡単な問題じゃない。あのシマノが、あんだけ実験するシマノが、報告書を出してまでスモールを使う理由はここらへんにあります。




|自転車メモ|16:06|comments(0)|trackbacks(0)|
自転車関連メモ15



 自分用のメモです、コメントはお控えください

1万キロでアルミ割れorヘタリ大。アルミ割れをカーボンで補修すると言う発想はなかった。確かになー何もしないで乗るよりは遥かに安心、設備費がいらないから個人レベルならカーボンが楽。溶接は設備費高い

 カンパのグレード展開は他の会社とはちょっと違う感じを受ける。ちょっと今の傾向はわからんけど、'07くらいまでのカンパはCentaurがひとつの「水平線」で、Centaur自体プロが使ったって問題ないくらいの「堅牢性」を持ってた。そこにより軽さとか求めていくとグレードが上がる感じ。

上のChorusとRecordが、まるでCentaurをベースにしているかのような感じ。Centaurをもちっと丁寧に切削してダイエットさせたのがChorusで、さらに各所をカーボンやチタン部品に置き換えたのがRecordみたいな。わかりやすかった。

カンパってグレード感で明らかに形とか規格が違うってあまりないよね。 あれの価格差って要は素材単価、工作精度の違い。だからCentaur以上はそういう視点で選べば良いというのが他社とは違うところ。

サピムCXスーパー。 SPD-SLの青クリートを試した感想「これ赤と変わらなくね?」 赤と黄色の中間ととらえると微妙。たしかにわずかに動くけれど

 カーボンフレーム壊す人は30代で体重6〜70キロの購入2年未満、走行距離5000キロ未満が4割。損傷はトップチューブとシートステーが多く折損が2割。CFRP製自転車の損傷に関する調査レポート。

 手組メインのショップ店長、スポークを1/8も捻らないようにするとか、1本を締めたらそれが全体に影響するイメージが出来てるとか、32ホールなら32本のスポークの状態が頭の中にイメージが出来るとかそういう事なんです。

コリマcn、レイノルズ、zipp950とディスクホイールを所有してきたが重量はそれぞれ1200g程度、外周が軽くてヒルクライム楽なのがコリマ、硬くて脚力のある人にも耐えられそうなのがzipp、耐久性が良いのがレイノルズ。シマノproディスクもロハセルっていう硬いハニカムが入ってる。

 最近の軽量ピラーに多い二本締めのもので、櫓が下側だけで上は下からのボルトと細い押さえだけのもの(3Tのやつとか)は強い力が加わると滑ってサドルが外れるようだ

先ほどのピラーの件、カーボンレールとかTuneみたいなレール一体型との相性がかなり悪いみたい。一般的な金属レールのサドルなら基本的には大丈夫そう。でも外れ方見る限り絶対平気とは言えない。

Deda ZERO100のハンドル試したけどやはりよくしなる。長く乗るにはいいとおもうが反面、しなりすぎてレース向きじゃない。柔らかすぎるとおもう人はいるだろうな




|自転車メモ|15:53|comments(0)|trackbacks(0)|
自転車関連メモ14



 自分用のメモです、コメントはお控えください。

ラテックスの欠点は空気の抜けの早さ、性能はブチルより上、残業があった場合ジテツウ行きと帰りで空気圧に開きがある事も(エアーは持って3日)

走行前に毎回空気を入れる必要があるとか、ブルべ600だとスタート、ゴールで空気圧にかなり差が出るとか言いますもんね(;´∀`)

乗り心地良い走行性能は...とラテックスチューブ入りのタイヤは良かった、ヴェロフレエクストリーム、コルサエヴォSC

熊でもわかる初級振動論。デュラエースは4万キロで寿命。7800と7801のハブ構造。

楕円クランクはトルクある人向け。後ろ乗り出来る足の長い人向け。前のりでしかトルク稼げない人は、踏み込み位置が遅くなるから常に重いし、軽い部分で回転速度稼げないからケイデンス落ちて筋肉売り切れる。

輪行するのに後輪は外さないとダメ?という問い合わせに、JRのメールだと1.無料で乗れるのは縦横高さの合計250cm以内だよ(それ超えたら別途手荷物料金?) 2.分解または折りたたみじゃないとだめよ。後輪は外してね という回答であった

Cxrayのスポーク別の1本4.6875g、アルミニップル1個0・34375g、真鍮は1個1g、コレは実測

S-worksシューズよりシマノSH-R132の方が剛性明らかに低い。

ガーミンコネクト6400m弱、インポートしたルートラボ4800m強、 手入力のルートラボ約3500m。バラつきが激しい

横ふれはロードの場合ブレーキとの間隔が狭いからキッチリ取る必要がある、縦はザックリやると実走、ローラーで明らかにボコって感じる。シュー、ボコ繰り返しみたいな。ある箇所のスポーク長が長い=縦振れだからその部分でボコってなる。つまり挙動が乱れる、乗れるが気持ち悪い、微振動あり

ライトニングアルパインのリヤホイール見たけど、NDSのおちょこが超少ないね。ほとんどDSと一緒。確かにテンションは均一に近くなるけど、アレじゃ横剛性弱い

振れを取るときにスポークとニップルが相反する方向に廻ろうとするねじれが出ます。それを手しごきやプラハンマーを使って取っていきます。それともう一つ大事なのがニップルとリムにかかるストレス。これはある作業で取るんだけど・・・企業ヒミツ。




|自転車メモ|15:41|comments(0)|trackbacks(0)|
自転車関連メモ13



 自分用のメモです、コメントはお控えください。

クロモリオーダーは田舎は厳しい、大阪もイマイチ、やはり東京が一番良い。ちなみに鉄もイッパツで当たりってのは運が良い方でしょうし、2,3台作ると考えると時間と金が結構凄いことに。

6600とかの旧シマノクランクはカンパみたい、つまり見た目を捨てて性能に行ったのが今の形。

ブロンプトン改造ガチ勢、強化リム、5速化、セラミックプーリー、カンパ9速レコードチェーン、クランク&BBをTA化、ヘッドはキング、シュミットのハブダイナモ搭載

信号ダッシュは合理的、前の前の信号が赤なら微妙だが、信号ダッシュ後5分走れるなら回路的に美味しい。またスプリントで全部使い切っても2時間位漕げば乳酸は全て除去される。

WO部門ならマヴィックR−SYS系とフルクラム初代レーシング1、手組みで再現あるいは凌駕できない性能を持っていると感じました

 ロゴがちょうど左ペダルが一時の位置でFDに掛かるんで一番消耗が激しいんですよ〜。コレはレースでメインに使ってるので10000キロ使ってないと思います。

やっぱりレースでは踏んじゃうんでペダルが11時〜2時の位置で相対する場所が消耗します。チェーンリングを見ればオーナーのペダリングがある程度分かるくらいです。踏んでるのか、引いてるのか、回せてるのか…など。

踏む位置もだけど、引く位置がやべえ。サドル後ろ気味で引き重視にしてるからだと思うが...ってか使いすぎ感がある。1万とか余裕で超えてるし(;´∀`)

パーツのヘタり具合をチェックすると色々分かるので楽しいですよ〜。スプロケもどこを一番使ってるか?とか、歯の角を見るとナナメ掛けしてるか?とか。シューズのインソールなんかも面白いです。

ヘタり具合や擦れた後が左右で違えばペダリングやクリートセッティングが合ってない可能性も。

それで全てが分かる訳じゃありませんが、チェーンリングやべダル、クリート、サドル、バーテープなどのアタリやヘタり具合なんかの関連性を総合的に見ると、んん?ってなることも。色々な判断材料を用意出来れば改善策も見つけ易いと思ってます。




|自転車メモ|15:26|comments(0)|trackbacks(0)|