自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

ミニベロ・シクロクロスの目次



  上から順に新しい記事が並んでます、気になるタイトルをクリックすれば各記事が見れます。

【ミニベロ】

  • ブロンプトンは金食い虫、思った以上にパーツ交換頻度が高い (11/01)
  • ミニベロの選び方 (08/02)
  • 【ミニベロ】ブロンプトン対BD-1 (06/19)
  • ミニベロ買うなら折り畳み式?折りたためないタイプ? (06/18)

    【シクロクロス】
  • クロスバイクのシクロクロス化、走行インプレ (10/15)
  • 失敗!ロードバイクのシクロクロス化は無理 (10/14)
  • ロードバイクにシクロクロス用タイヤは入るか? (10/12)
  • ロードバイクのシクロクロス化【検討編】 (10/11)



  • |ミニベロ・シクロクロス|08:51|comments(0)|trackbacks(0)|
    ブロンプトンは金食い虫、思った以上にパーツ交換頻度が高い



     ブロンプトンはコンパクトに折りたためる事から人気の高い小径車で、荷物・人を合わせた許容総荷重は110キロが限界と書かれており、ロードバイクよりも許容総荷重は高いです。

    またフレーム素材がクロモリなので丈夫なイメージでしたが、各部パーツの交換頻度は意外と高いようです。

    ブロンプトン

     パーツ交換頻度ですがブロンプトンのオーナーズマニュアルによると、ヒンジ固定金具・ハンドルバー・チェーンセット・シートピラー・ペダルは約8000Km走行毎に(過酷な使用をする場合はより頻繁に)交換してくださいと書かれています。

    またチェーン・スプロケットは約3200〜4800Km走行毎に交換が必要で、新旧のチェーン・スプロケを混ぜるのはNG、交換時は両方とも新しくするように書かれています。

    またブレーキケーブルは約6400Km走行ごとにケーブルを交換する必要があり、ブレーキシューの減りもロードバイクに比べると早いそうです。

     「山六興業」のイヨッキュさんによると、ブロンプトンはタイヤの径が小さく、同じ距離でも700Cの1.6倍タイヤが回るので、タイヤが3〜4000千キロしか持たないそうです。

    ブロンプトンのケブラータイヤが約4800円、コジャックが約5000円、マラソンが約2800円、COMETが約1800円で、純正チューブが約700円するそうです。

     ブロンプトンの3速が約15万、6速が約16万(メーカー希望価格)するそうですが、それ以外の純正パーツも高いので、改造し出すとかなり金が掛かるそうです。

    中には1台に50万以上改造費を掛ける方もいるそうで、この点に関してはロードバイクと似たような物なのかな〜と思います(;´∀`)

     ブロンプトンの本来の使い方は、電車で輪行して観光ポタをするみたいな感じなのでしょうが、周りにいるブロンプトン乗りは100キロ以上がデフォみたいな感じですw

    なので私の中ではそれなりに距離を走る物と言うイメージが出来上がってます(´∀`)逆に3〜50キロ程度のゆるポタで使う事に抵抗感を覚える位です

     ブロンプトンを所有してるブロガーさんは多いですが、みんなブロンプトンは金が掛かると言います(金満が多いイメージ…と言うか実際多いw)

    ブロンプトン純正パーツがどのくらいするのかは分かりませんが、バックやアクセサリー類の小物も、ブロンプトンの雰囲気にあった物で揃えようとすると結構するようです。

    ブロンプトンはパーツ交換頻度も高いし、パーツ・小物類も高い、実際に金は掛かる、しかし手のかかる子ほど可愛い的な心境なんでしょうね(*^^)v




    |ミニベロ・シクロクロス|16:36|comments(2)|trackbacks(0)|
    クロスバイクのシクロクロス化、走行インプレ



     前に書いた「失敗!ロードバイクのシクロクロス化は無理」の続きになります、前回の記事でロードバイクにシクロクロス用タイヤを装着するも、クリアランスの関係でギリギリ干渉する所が出た為、クロスバイクに装着する事にしました。

    ブレーキ部も余裕

     ロードバイク時ギリギリ干渉したブレーキ部もクロスバイクでは余裕です、他の部分もロードバイクに比べると余裕があります。

    クロスバイクにシクロクロス用タイヤ

     無事クロスバイクにシクロクロス用タイヤを装着出来たので、インプレの為に近所の山へ走りに行きました。

    ちなみにホイールはWH-500、タイヤはパナレーサーのクロスブラスター(31Cでタイヤ重量は1本280g)空気圧は3気圧で走行しました。

    ブロックタイヤは重い上に路面抵抗が大きいので、山に入ってからは楽しいが行くまでの道のりは険しいと言いますが、思ったほど舗装路での走りは重くはありません(´∀`)これは嬉しい誤算ですね

    シクロクロス用タイヤの推奨空気圧は2〜4気圧で、ロードバイクの6〜8気圧に比べると、遥かに低いので乗り心地は柔らかく、段差ではぽよんぽよんと跳ねる感じがします。

    無駄に未舗装を走りたくなる

     問題の未舗装路も問題なく走行出来ました、ロードバイクだと「パンクしそうだから止めておこう」となる道に入って行けるのは楽しいですね(´∀`)無駄に舗装を走りたくなります

    トレイルがある山に入る為には舗装路をヒルクライムする必要がありますが、ギア比の関係で楽に登っていけました(ロードバイクは最少ギア39×25T、クロスバイクは28×32T)

    途中入れそうな所があると寄り道をしてしまう

     MTB購入検討してた時期があるので、この辺りに行けばダートコースがあると言うのは、ある程度知ってますが、途中入れそうな所があると寄り道してしまいます(*´艸`)色々な所に入れるのが楽しいですね

    未舗装路は路面に足を取られるので、舗装路とは違った難しさがありますね、初走行で落車は避けたいのでカーブは慎重に曲がりました。

    一足お先に秋を堪能

     登りは舗装路に比べるときついです、やはり路面に足を取られるのが大きく、凹凸の激しい箇所は押したり、担いだりしないと登れませんでした(;´∀`)担ぐとシクロクロスと言う感じがしますが

    下りは未舗装路・タイヤのグリップどうこう以前に、クロスバイクのブレーキが効かなすぎです(-_-;)デュラエースのブレーキに慣れているので、舗装路の下りでもかなり怖かったです

    またクロスバイクにはMTB用のSPDペダルが付いてるのですが、スピードプレイの広い可動域に慣れているので、クリートの可動域が狭いのが気になりました。

     近所の山に行って無駄に登ったり下ったりしただけなので、走行距離は約30キロ、獲得標高は400m程度ですが、帰宅後の疲労感が半端なかったです。

    ロードバイクに比べると内容が濃いと言うか、短い時間でも十分楽しめますね(´∀`)ロードバイクだとこの程度走っただけでは全然物足りないですから

     強いて言えば良いトレイルがある場所が分からないのが難点ですね、MTB乗りの方はよく行く山が荒らされるのを嫌うので、自分のお気に入りコースを人には言わない方が多いです、なので情報が出ずらいんですよね。

    未舗装路を発見するも少し走ったら行き止まり、少し走ったら舗装路に戻るパターンが多かったです、5〜10キロ程度続くトレイルがあれば楽しいだろうな〜と思います。

     ロードバイクでは入れなかった道を走れるので、今までより世界が広がりました、今回は近所の山を走りましたが、「この道の先はこうなっているのか」と言う感じで、新しい発見が多く楽しかったです。

    山の草木・虫が少なくなる秋〜冬はMTB・シクロクロスが楽しい時期です、これからはクロスバイクで山を走ったり、ロードバイクでロングライドしたりと忙しくなりそうです(*^^)v




    |ミニベロ・シクロクロス|17:19|comments(2)|trackbacks(0)|
    失敗!ロードバイクのシクロクロス化は無理



     前に書いた「ロードバイクにシクロクロス用タイヤは入るか?」の続きになります、前回の記事で各部寸法を測定、タイヤの縦幅が分からないのでぶっつけ本番で試す事にしました。

    Panaracer クロスブラスター31c 約3000円

     タイヤはパナレーサーのクロスブラスター、ホイールはWH-500、チューブはクロスタイヤに使っている27〜31Cを流用しました。

    シクロクロス用ホイールもありますが、ロード用ホイールにシクロクロス用のタイヤを嵌めてる人も多いので、タイヤの取り付け自体は問題なく出来ました。

    パナレーサーのクロスブラスターは前後に向きがあり、サイド側に表記がありますので間違えないように装着してください(私は装着した後でタイヤの向きに気付きやり直しましたw)

    チェーンステーとシートステーの交点

     写真だとチェーンステーとシートステーの交点は、ギリギリに見えますが数ミリ余裕があります(シートステーにも当たらない)

    横幅に関してですが、リム幅よりタイヤ幅の方が大きくなる為、空気を充填した状態では装着出来ません、しかし空気を抜いた状態なら装着可能です。

    ホイールのリム幅は細いので一度入れば、回してもブレーキシューには当たりません、ただタイヤ着脱の際はその都度空気を抜く→装着後に空気を入れる必要があります。

    フロントブレーキ

     写真だとキャリパーブレーキ中央の凹凸部、ブロックタイヤの中心が当たってるように見えますが、回してみるとギリギリ当たっていません(シクロ用タイヤの空気圧は2〜4気圧なので3.5気圧にした)

    リアブレーキ

     写真だとキャリパーブレーキ中央の凹凸部、ブロックタイヤの中心が当たってるように見えます…試しに回してみると当たってました(笑)

    全部が当たるわけではないのですが、リム真円度の関係で若干擦る箇所があります(;´∀`)空気圧を減らして1気圧まで下げれば擦る音は消えますが、1気圧だと走行出来ないのでNG

    ブロックタイヤ中心部を削れば使用可能で「ヌーボカステ工房のひどいブログ」のカステさんは、0.5mmほど削って解決したようです。

    赤丸の点がネック

     結論ですがスペシャライズドルーベSL3のシクロクロス化は無理でした(前述した通りタイヤを削れば可能)

    ミシュランPRO4を履かせた場合のクリアランスが、前後ブレーキは10mm、リアのシートステーは11mm、チェーンステーとシートステーの合わさる所が10mm、ダウンチューブが35mmだったので、これ以上クリアランスがないフレームでは止めといた方が無難です。

    ただクロスバイク(ジャイアントエスケープR3)になると、前後ブレーキは25mm、リアのシートステーは22mm、チェーンステーとシートステーの合わさる所が23mmなので余裕があります。

    タイヤ中央を削るのも面倒なのでロードバイクのシクロクロス化は保留して、クロスバイクに装着して走ろうと思います(´∀`)その後タイヤが削れて来たらロードバイクに入れてみます7

    続きの記事「クロスバイクのシクロクロス化、走行インプレ




    |ミニベロ・シクロクロス|16:48|comments(5)|trackbacks(0)|
    ロードバイクにシクロクロス用タイヤは入るか?



     前に書いた「ロードバイクのシクロクロス化【検討編】」の続きになります、前回の記事をザックリ説明すると、ロードにシクロクロス用タイヤが入るか否かが焦点で、入れば一応走行可能になると言う事です。

    ロードバイクとシクロクロスでは設計思想・ジオメトリーが違うので、本物のCXには及びません、その辺りを指摘する方もいたのですが、前の記事に「ガチで走るわけではない」って書いてるんですけどね(;´∀`)近所の山を軽く走れればOKなので、細かい点はどうでも良いです

    それと3代目ロードバイク(マスターXライト)にシクロクロス用タイヤを履かせるのは勿体ないと言う声もありました。

    この点に関しては年末に3代目ロードバイクが納車されるまで待ってられないので、こっそりルーベSL3で実施する予定でした(´∀`)万が一フレームが割れても次のフレームは発注済みなので問題ありません

     前回の記事で書いた通り、最終的に問題になって来るのはタイヤのクリアランスで、ココがOKじゃないと走れませんし、最悪この問題がクリアできれば走行性能は置いといて走る事は出来ます。

    ロードバイク用のタイヤは表面がツルツルですが、シクロクロス用のブロックタイヤは表面が凸凹なので、その分縦幅が増える事になります。

    ホイールのリム幅が広い物に交換すれば、その分縦幅を押さえる事が出来ますが、わざわざCX用ホイールを購入するのは勿体ないのでNG、ロード用ホイールに入れてクリアランスを確保出来るかが勝負です(本物のシクロクロスもロード用ホイールを使う事が多い)

    赤丸の点がネック

     写真赤丸の点が接触する危険があり、具体的には前後ブレーキ、リアのシートステー、チェーンステーとシートステーの合わさる所、ダウンチューブです(横は余裕だが縦が怪しい)

    スペシャライズドルーベSL3にミシュランPRO4を履かせた場合のクリアランスですが、前後ブレーキは10mm、リアのシートステーは11mm、チェーンステーとシートステーの合わさる所が10mm、ダウンチューブが35mmでした。

    これがクロスバイク(ジャイアントエスケープR3)になると、前後ブレーキは25mm、リアのシートステーは22mm、チェーンステーとシートステーの合わさる所が23mmでした。

    なのでシクロクロス用タイヤを購入してロードバイクに入らなかったとしても、クロスバイクに入れれば未舗装路を走る事は出来るので、私の目的は達成される事になります。

     タイヤが変われば当然チューブも変わる事になりますが「ヌーボカステ工房のひどいブログ」のカステさんは最初は23Cのチューブを使用し走行したようです(その後26-2.0に交換)

    クロスバイク用の27〜31Cチューブが余っているので、最初はそれを使用するつもりです(23Cで走れた位なので問題ないと判断)走行後の結果次第で26-2.0に交換するか考えます

    Panaracer クロスブラスター31c 約3000円

     縦振れを考慮した場合、PRO4と比べて縦幅の増加が7〜8mm以内ならロードバイクにも入ります、この範囲内でタイヤを探せば良いのですが、その辺りのスペックが探しても見つかりません。

    なのでカステさんが使っていたパナレーサーのクロスブラスターを購入、考えるのはメンドクサイのでぶっつけ本番で行く事にします(笑)もしロードはダメでもクロスには十中八九入りますし

    ちょうど紅葉の季節ですし楽しみです(´∀`)ロードバイクだとパンクしそうだし止めておこう…と引き返した道に入れると思うと胸アツですね

    続きの記事「失敗!ロードバイクのシクロクロス化は無理



    |ミニベロ・シクロクロス|15:44|comments(4)|trackbacks(0)|