自転車カテゴリー
                     
自転車新着記事
                     
自転車リンク
自転車過去の記事
ロードバイクその他

自転車乗りは邪魔者扱いで嫌われてる(動画あり)



 自転車乗りは嫌われてますよね、やっぱり自動車側からすると邪魔なのが大きな原因でしょう。

マナーの悪い暴走自転車 youtube

 道路交通法改正で自転車は車道を走る事になってますが、実際走ると邪魔者扱いされますよね。

追い越し際にクラクション鳴らしたり、わざわざ窓開けて「邪魔だ!ボケ!」って言う人も結構います。

すれ違いざまに物を投げつけたり、意図的に幅寄せして「ザマーww」って言う人もいます。


 
 
 ママチャリに乗ってる人は歩道を走る事が多いので邪魔にならない、ロードバイク乗りは車道を走るので邪魔、よって「ロードバイク=排除したい敵」って構図です。

ロードバイク乗りが悪いイメージですが、ママチャリで車道に出ても邪魔者扱いされるので一緒の事です。

実際のところ原付も邪魔者扱いされますからね、制限速度が遅い道路ならまだしも、国道みたいに制限速度が高い道だと。

自動車で走ってても、チンタラ走ってたら後ろからクラクション鳴らされたり、パッシングされたり、追い越し禁止区間で無理やり追い抜く人もいます。

 ようするに私の邪魔をするなって事です。


 この手の議論は水平線ですよね、自動車側の意見・自転車側の意見はどこまで行っても交わる事はありません。

自分の視点からでしか物事を考えれない人が多いですからね、私はどちらも乗るので両者の視点で見れます。

しかし中型・大型のオートバイには乗った事がありません、でもオートバイ乗りは自動車は邪魔って言いますよね、逆もまた同じですが。


 自転車専用道を作る構想はありますが、実際に作られた自転車レーンにも問題は出て来ますし、そもそも作れない幅の道路が多いです。

結局の所、両者が分かり合える事はないんでしょうね、原発推進派・反原発派みたいなものです、世界から戦争・紛争がなくならないのも頷けますね。

とまあ最後は論理の飛躍がありましたが、自動車・自転車の関係は100年後も変わらないと思います。

道路周辺の家は全て立ち退きさせ、全ての道路を自動車・自転車・歩行者で分ければ話は別でしょうが、そんな事出来るはずもないので。


PS.

先ほどの動画の投稿者さんのコメントには以下のように書かれてます。

「自転車は道路の左端­と定められいるにも関わらず、なぜ真ん中を走る?道交法違反です。」

おそらく左端の白線内側を走ってないのが気にらないのでしょうが、道路の左端ですからね、白線の内側は道路じゃなくて路肩なんですが…まあ自転車が悪いと言う方向に持って行きたいんでしょうね。



|乗り方.ルール&マナー|12:34|comments(3)|trackbacks(0)|
乗り方.ルール&マナーの目次



 上から順に新しい記事から並んでます、気になるタイトルをクリックすれば各記事が見れます。

  • 自転車箱根駅伝逃げ・追走、不快が約6割 (12/29)
  • ヤビツ峠閉鎖の危機、対岸の火事ではない (11/07)
  • 飲酒検問に引っかかる (12/17)
  • チームジャージを着て走る人はご用心 (12/07)
  • 自転車は徐行なら歩道通行OK、つまり今まで通り (11/22)
  • 自転車の車道走行は危険、何とかして欲しい (11/18)
  • 知らない人と列車を組む時はご用心 (11/14)
  • ロードバイクで人生の歯車が狂った (10/28)
  • 愛知や岐阜県で自転車免許制を導入 (10/26)
  • 自転車歩道走行禁止!取り締まり強化、インフラ整備の遅れ (10/20)
  • 速さ?距離?一番大事なのは事故しない事 (09/11)
  • ロードバイクに抜かれる時「邪魔だどけ!」と言われた (08/28)
  • 落車事故が多いのは暑さのせい? (07/27)
  • 自転車の一方通行導入、罰則・罰金あり (07/23)
  • 夏は半袖+短パンが正しいとは限らない (06/29)
  • 交通事故!自動車運転中に自転車を轢いた【過失割合について】 (06/01)
  • 自転車は車道通行!知らない人が4割 (05/26)
  • 坂はゆっくり下ろう!ジロ・デ・イタリア第3ステージで死亡事故 (05/12)
  • 補給が下手だとロングライドが嫌いになる (02/21)
  • なぜ?2台目ロードバイクに乗り換え後疲れやすい… (12/09)
  • 走りの方向性がここまで変わる人は珍しい (11/26)
  • 自転車で急ブレーキ出来ますか? (08/15)
  • 自転車のマナーについて (06/17)
  • 車道で停車時SPDを外す足はどっち? (05/27)
  • ロングライド志向?レース志向? (05/12)
  • 漕いでて尻が痛くなる人へ (03/19)
  • 道路交通法 (03/04)
  • ロードバイクのシフトチェンジ (02/06)
  • ロードバイク・クロスバイクでヒルクライムを走る方法 (10/09)
  • ロードバイク・クロスバイクのシフトチェンジのコツ (10/09)
  • クロスバイクの基本的な乗り方 (10/09)
  • ロードバイク・クロスバイクで走る時の携行品 (10/09)



  • |乗り方.ルール&マナー|01:01|comments(0)|trackbacks(0)|
    自転車箱根駅伝逃げ・追走、不快が約6割



      毎年正月の三が日に箱根駅伝が開催され、ロードバイクで箱根駅伝から逃げる、追走するイベントが行われているようです。

    よくテレビで沿道を走る自転車を見かけますが、どうやらアレは違うそうです(あれは道路交通法違反になるそうです、応援者も多いので危険だとテレビで見ながら感じていました)

    【箱根駅伝逃げ】
     箱根駅伝の約1時間前にスタート、追い付かれそうになったり、パンク等のトラブルが発生したら沿道へエスケープし応援に回るようです。

    スタート時点では規制は行われておらず、普通に自動車も走っている中での車道走行なので、道路交通法上は問題ないようです(当然信号は守り、道路規制も遵守、警察・運営の指示には従う)

    【箱根駅伝追従】
     箱根駅伝のランナーが走った後を自転車で追う、運営の妨げになってはいけないので、規制解除車の前に出ない決まりがあるようです(当然信号は守り、道路規制も遵守、警察・運営の指示には従う)

    こちらに関しては千切れたり、トラブル等があってもリタイヤすれば良いだけなので、逃げに比べると気持ち的に余裕があるようです。

    逃げに関しては交通規制前に走るので大きな問題にはならないようですが、追従に関しては警察側が危険視しているようで、拡声器で注意を促したり、場合によっては停止命令も出てるようです。

     グーグルで「箱根駅伝 自転車」、「箱根駅伝 逃げ」、「箱根駅伝 追走」等で検索すれば、走った人のブログが出て来ます。

    箱根駅伝追走の動画

     ブログの写真を見た時はそうでもありませんでしたが、動画を見ると警察が警戒するのも分かりますね(-_-;)自転車レースに興味がある方は、このような大集団からの集団落車を見た事があると思います

    誰か一人バランスを崩したり、ハスったりして転倒したら集団落車でしょうね…また追走のブログを見た所、自動車と接触した方もいるようですし。

    交通事故が起きれば管轄の警察が怒られるわけですから、警察側がピリピリするのも仕方ないですね(;´∀`)

     色々なブログを見た感じ、逃げの方が安全な感じがしました、箱根駅伝スタート前に自分たちはスタートするわけですから規制車もありませんし、動画みたいに一塊にされる心配もありません。

    ただ箱根駅伝逃げの場合はかなりの走力が必要なようです(信号待ちもありますし、箱根駅伝のランナーは坂も含めてアベ20キロで走るので、登りで差を詰められるとか)

    メンツを見た感じJCRCでガッツリレースをしてる方もチラホラいました、と言う事は走力に自信のある方が逃げ、自信のない方は追走に参加すると言う感じでしょうか(;^ω^)でも追従の集団は怖いですよね、正月早々落車して自転車破損とかシャレにならないです

     私は自転車乗りなので、自転車乗りとしての目線で見ますが、沿道で応援する一般の方からするとどう言う感じなんでしょうね?

    実際箱根駅伝逃げに参加した方は「やっぱり不快に感じてる人もいるだろう」と言ってましたが、実際どうなんでしょうね、不快に感じる人もいる反面、面白半分に見る人もいると言う感じでしょうか?

    アンケート結果 2012.12.28〜2013.1.3

     自分で考えても仕方がないので、2012年12月28日〜2013年1月3日の5日間この記事にアンケートを設置しました(アンケート終了後は消しました)

    結果は36件の投票で不快ではないが15件(41.7%)、不快が21件(58.3%)でした、当サイトは自転車ブログなので一般の方は見に来ません(ママチャリ乗りはわざわざ自転車に関してググったりしない)

    なので不快ではないと言う人が多数だと思いましたが、結果は不快が約6割となりました、これが自転車が趣味ではない一般サイトでアンケートを取ったら、今回の結果よりさらに不快が多くなりそうです(;^ω^)

     不快ではないと言う方のコメントは「近くに住んでいたら走ってるかも」、「一年に一回くらい許してよ追走」、「逃げならおk」等です。

    不快と言う方のコメントは、「わざわざその日にやる必要性を感じない」、「逃げはまだいいが追走は不快」、「自分に関係のないの競技の場に入り込むと言う行為が理解できない、他の日に走ればいいんじゃない?」

    「ランニングイベントに自転車で付くのはNG!やるなら同じランニングで」、「マラソン等でこのような光景を見ると自転車乗りの世間からの心象が悪くならないかといつも不安です」等でした。

    不快のコメントを見た感じ一般の方だけではなく、ロードバイクを趣味としてる人でも不快と感じる方が多かったように感じました。

     ちなみに大晦日の時点では不快が8割以上でしたが、箱根駅伝逃げ・追い実施日が近付くにつれ、不快ではないが票数を伸ばしました、何ともですが実際に走る人が投票したのかもしれませんね。




    |乗り方.ルール&マナー|15:33|comments(2)|trackbacks(0)|
    ヤビツ峠閉鎖の危機、対岸の火事ではない



     最近ブログ村へ行く事がめっきり減りましたが、久々に見に行くとNHKでヤビツ問題〜と言う記事が、人気記事の上位にランクインしていました。

    詳しい内容は割愛しますが、早い話が自転車が多くて自動車・バスが走りにくく危険、近隣住民が困惑しており事故も起きている、自転車マナー向上活動の実施と言う感じでした。

     1点目の自転車が多くて自動車・バスが走りにくく危険と言うのは、ヤビツに限らずどの道でも考えられます。

    私も自動車の運転をしますが自転車に限らず原付でも気を使います、速度が遅いので待っていてはプチ渋滞が起きますし、最悪後ろからクラクションを鳴らされます、かと言って狭い道では抜くのも一苦労です。

    2車線以上あれば車線変更しますが、対向車線では反対側の車が途切れた時を狙って、反対車線にはみ出しながら抜く必要があります(ギリギリ抜いて事故でも起きたら自分が悪くなりますし)

    私は自動車・自転車両方乗るのでまだしも、自動車しか乗らない人は自転車・原付を邪魔だと思っている人が多いです(いない方がスイスイ走れるのは事実)

     2点目の近隣住民が困惑していると言うのも分かります、ヤビツ峠は走り応えがあり他人とタイム比較しやすいので、走りに行く人が多いそうです(休日に頂上へ登ったら50人以上いたと言う話も)

    私は登った事がありませんが、平日でも朝練とかで走りに行く人がいるでしょうし、休日はトータルで何百人と言う自転車が登るのではないでしょうか。

    つまり昼間は1時間で何人も登っている事になります、自転車好きならまだしも普通の人からすれば異様な光景でしょうし、自宅の前をローディが引っ切り無しに走られたら嫌と言う気持ちも分かります。

     自転車マナー向上しないと最悪ヤビツ峠が閉鎖される可能性もあります、仮に自転車進入禁止にしたとしても登る人は出るでしょうが、今までのようにブログ・ツイッター等でタイムを競い合う事は出来なくなります(下手に書いたら違反した事をばらす事になる)

    ヤビツ峠と言うのは神奈川県にある標高761mの峠で、ヒルクライムのメッカとされており、ヤビツでのタイムを言えばその人のレベルが分かると言われています。

    走り応えがあると言うのもあるでしょうが、データ数が多く他人と比較しやすいと言うのが大きいと思います、なので自転車進入禁止にすれば走りに行く人が減る事間違いなしですし、困る人が続出するのも間違いありません。

     元々スポーツバイクと言うのは一般の方から敬遠される傾向にあり、何か口実があれば排斥したいと思ってる方が多いです。

    マスコミが「自転車は悪」と言う感じで偏向報道する事は多いですし、道路交通法が改正された今でも車道は自動車の物、自転車は邪魔だから歩道を走ってくれと言う方が根強くいます。

    今回NHKに取り上げられた事で、今後他のメディアから取り上げられる可能性もありますし、事故が増えれば荒川サイクリングロードのように規制が掛かる事も考えられます。

     岡山在住の私がヤビツに走りに行く事はないでしょうから、今回のヤビツ問題は自分には関係ないっとも言い切れません、むしろ対岸の火事ではないと考えます。

    スポーツバイクと歩行者の事故が数回発生→マスコミが「暴走自転車、マナーが悪い」と報道→自転車に乗らない人が同調→行政に訴えかけ規制→普段走っている道が走れなくなると言う事は、ヤビツに限らずどの県のどの道でも起こる可能性があります。

     NHKでもマナー向上の活動を取り上げていましたし、関東圏の自転車ブロガーさんはブログで何か活動をするでしょう、自転車店でもマナー向上を呼び掛ける動きが出るかもしれません。

    しかしそれですぐにマナーが向上するとは考えられません、一人一人がマナーを意識して走る、他県の人も対岸の火事ではないと考え、マナー・ルールを守って安全に楽しく走る(´∀`)これに尽きますね




    |乗り方.ルール&マナー|09:17|comments(2)|trackbacks(0)|
    飲酒検問に引っかかる



      この前の話なんですが自動車を運転してると前が結構渋滞してて「何かな?」と思うと警察が検問をしてました。

    1台1台止めてドライバーに何か言ってるようだったので「ひき逃げでもあったのかな?」思いましたが、何の事はありません飲酒検問をしてたようです(よく考えれば忘年会シーズンですもんね)

    年360日休肝日の私は当然その日も飲酒していませんでしたが、飲酒検問に引っかかったのは初めてで、アルコール検知器に息を吹きかけるのも初体験(大丈夫と分かっていても少しドキドキしました)

    生中1杯=約3時間で抜ける 

     アルコールの分解時間には個人差がありますが、大体の目安として以下に書いておきます。

    ・ビール1缶(350ml)=約2時間
    ・生中1杯=約3時間
    ・ビール大瓶1本=約4時間
    ・チューハイ1杯=約3時間
    ・ワイン1杯(120ml)=2時間
    ・日本酒1合=約3時間
    ・焼酎1合=約7時間
    ・ウイスキー1杯(シングル)=2時間

    2杯飲むとアルコールが分解される時間も2倍になります(生中2杯なら6時間)、色々な種類の物をちゃんぽんした場合は足し算になります(生中1杯、焼酎1合なら10時間)

    感覚的にアルコールが抜けてもNG

     飲酒運転に対する罰則は年々厳しくなり法的な処分はもちろんですが、社会的な目も厳しくなっており、会社によってはクビになる所もあるそうです。

    前に長野県の中学校教師が自宅近くの居酒屋で飲んだ翌朝、 酒気帯び運転で検挙され懲戒免職処分を受けた事があります(飲酒後7時間半が経過)

    夜に飲酒して就寝、起床時にはアルコールが抜けていると錯覚しがちですが、飲んだ酒の銘柄や量によっては完全に抜けません。

    感覚的にアルコールが抜けていても、アルコール検知器でのチェックがNGだったら当然捕まります、以前は渋滞の関係で朝の飲酒検問はしませんでしたが最近はする事があるので要注意です。

     うちの会社も飲酒運転には厳しいので、同僚や上司にはMyアルコール検知器を持っている人が多いです(毎朝出勤前にチェックするそうです) 

    アルコール検知器で調べた所ソシアックと言うメーカーの物が高性能で人気のようですが約1万円します、他メーカーの安価品なら2000〜3000円であるようです。

    しかしアルコール検知器でチェックしたらOKだったのに、飲酒検問では捕まったと言う話もあるそうで、安物だと機械が上手く動作せず酒が残っていても未検出になる事があるそうです。

     最後に飲酒運転になるから飲み会に自動車ではなく自転車で行くと言う人が未だにいますが、自転車でも飲酒運転になるので注意しましょう。

    上記の事はサイクリストなら当然知ってるでしょうが、夜遅くまで飲酒→その後早起きしてロングライド・ジテツウに行った場合、出発からしばらくの間は酒が残ってる可能性があります(つまり飲酒運転)

    アルコール検知器で調べるのが堅いですが、めんどくさいし購入する金もないですよね、なので酒を止めましょうww

    健康になるしコレが一番、私と一緒に月30日休肝日を目指しましょう(笑)




    |乗り方.ルール&マナー|08:52|comments(9)|trackbacks(0)|